【直前・事前に・直後】を英語で?中学英語で簡単英会話!

   

【直前・事前に・直後】を英語で表現できますか?

事前に連絡したり、直前に風邪を引いてしまったり,なにかの直後に連絡を受けたり・・・ということが結構ありますね。

【直前・事前・直後】の英語表現はセットで覚えてしまうととても便利です。

今日は、これらの英語表現をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

直前を英語で?

直前=“just before~”と表すことができます。~には“SVの文章”が来てもいいですし、名詞が来てもOKです。

ポイント

◆just before S V/名詞/動名詞

  • 結婚式の直前で、彼らは別れた。
  • They broke up just before the wedding
  • 彼が車に乗り込む直前に、私は彼を見た。
  • I saw him just before he got into a car.

この“just before”を覚えておくといろんなシーンで使えそうですね。

~の直前と言いたくない場合は“at the last minute”という表現が使えます。
これは、お互いがなんの直前かわかっている場合に使えるフレーズです。“直前”というより、“ギリギリで”という意味でも使えます。

  • 直前で(ぎりぎりで)電車に乗り遅れた。
  • I missed a train at the last minute.
  • 直前で(土壇場で)彼はそれをキャンセルした。
  • He canceled it at the last minute.

事前にを英語で?

これも、“~の前に”と訳すことができるので“before~”を使うことができます。違いは“just”を入れるかどうかですね。

“事前に連絡してください。”言いたい場合、例えば、“事前=家を出る前に”なら、

  • 事前に(=家をでる前に)連絡してね。
  • Call me before you leave home.

となります。このフレーズ【before SV/名詞/動名詞】の場合、”何の前”なのかを明確に訳す必要がありますね。

しかし、”~の前か”、はっきりしていないことや、わざわざ言わなくてもよいことも多いと思います。
そんなときはこのフレーズが使えます。

Exsamples

in advance/beforehand:事前に

  • Call us in advance. 事前にご連絡ください。
  • You should prepare it beforehand. 事前にそれをご準備ください。

【直後に】を英語で?

直後には“just after~”。before と同様“SVで続く文章や名詞”を入れることができます。

  • 新しい携帯を買った直後に、自分の携帯を見つけた。
  • He found his cellphone just after he bought a new one.
  • そのイベントの直後に、彼らは結婚した。
  • They got married just after the event.

何の直後か、ぼんやり言いたい場合(前文ですでに説明している場合)は“just after that”としてしまってもOKです。

まとめ

時系列で物事を伝える際に、必要な”直前・直後・事前”の英語表現をぜひ覚えておきましょう!

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)