【ヤラセ】を英語で?

   

どうせ、ヤラセでしょ!を英語で?

生徒
この前、“あの番組、ヤラセだから嫌いだよ”って英語で言いたかったんだけど、“ヤラセ”ってのがわからなくてさ・・・。
先生
んー、ヤラセもいろんな言い方がありますね。例えば、“全部作られたものだ!”と言うのも一つですね。
生徒
じゃあ、”I hate that TV Show because it’s all fake!”とかでいいのかな?
先生
その通りです。言い方を変えると簡単になりましたね。“ヤラセ”を表す英語はほかにもあるのでご紹介しますね!
生徒
ぜひ教えてくださぁーい。

ヤラセ番組って最近でもあるのでしょうか。今日は、ヤラセを英語でなんと表現すればよいかご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

すべて偽り=ヤラセ

冒頭の会話文にもあったように、”It’s all fake.”(すべて偽りだ)でヤラセを表現することができます。

すべて設定されたものだ=ヤラセ

ポイント

◆設定・組み立てる=set up:

この表現を使って、”It’s all set up”としたり、名詞“setup”を使って、”It’s a setup”としても良いですね。

Set upはいろんな場面で使える言葉です。

舞台を組み立てるという意味で使ったり、準備する、根回しするという意味でも使えます。〇〇の状況になるように設定するイメージから、使い方のイメージを膨らませてみましょう!

よく映画などで耳にするフレーズでこんなものもあります。

  • That’s a setup. あれは罠よ。
  • You set me up. ハメたな!

ヤラセと言う意味になったり、罠と言う意味になったり、いろんな場面で使えるので覚えておきましょう。

演出されたもの=ヤラセ

舞台を意味するstageは、動詞で“演出する”という意味があります。

演出されたもの=ヤラセとなるので、下記のように表現することもできますね。

  • It’s all staged.
  • それは全部演出されたものだ=ヤラセだ。

ほかにもヤラセを表現する方法はあると思いますが、よく知っている単語で表現するなら上の3つを覚えておくと良いと思いますよ。

スポンサーリンク

アウトプットにおすすめ!コスパ◎!私も実感した効果大のオンライン英会話スクール:ネイティブキャンプ[PR]

みなさん、「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話スクールをご存じですか?

このスクールは、何と月額固定4,950円で1日何度でもレッスンを受けることができ、しかも7日間無料でお試しができてしまう太っ腹スクールです。

なんといってもコスパがすごすぎる!

普段から英語を話す機会を持つのは大事ですが、1時間ほどのレッスンではなかなか足りませんね。できるだけ長く英語をアウトプットする機会を持つことが大切です。

ただ、どのスクールもだいたい一日50分×1ヶ月のレッスンで3000円~7000円しますよね。そんな中、このネイティブキャンプは1月あたり5000円ほどで、毎日レッスンを何度でも受けれます。コスパ最強ですね。レッスンを受ければ受けるほど、レッスンあたり数10円くらいになるのではないでしょうか?

しかも、無料体験4回+7日間無料です。(お試しだけで終了したい場合は必ず決済日前までに退会をしましょう。)

土日のお休みに集中して3時間連続で英語を話すのもとても効果的だと思います。

公式サイトはこちら↓↓

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文), 未分類