え?海外ドラマが
まだ聞き取れないの?
ややこしや英単語

パハップスの意味は?【たぶん・たぶんね】を英語でこう使い分ける!

生徒

このあいださ、”Are you coming to the party tonight?”って聞いたら、【パハップス】って答えられたから、てっきり来るもんだと思ってたら、来なかったんだよね…。

パハップスってたぶんだよね??

先生
んーそうですね。たしかにパハップスは“たぶん”を意味していますが、可能性がかなり低い“多分”です。
生徒

え?そうなの?可能性低い”多分”なんだ…。

たしかに“たぶん”ってパハップス・メイビーとかプロバブリーとかいろいろあるよね・・・。使い分けないといけないんだね。

先生

 その通り。多分と訳しても可能性の高さによって、相手の取り方も違ってくるので使い分けがとっても大切ですよ!
今日は、使い分けのポイントをお教えしますよ。

生徒
ぜひ教えてくださぁーい。

パハップスは【かもしれない】レベル

多分を表す英語表現の違い
  1. Most likely 90%くらいの確立
  2. Probably 80%くらい
  3. Likely 50%くらい
  4. Perhaps/maybe 30%くらい
  5. Possibly 10%くらい

パハップスは、~かもしれないくらいのレベルの“多分”です。実現性は30%くらいので低いですね。

メイビーとほぼ同じですが、日本人は“たぶん”と言えば、メイビーをいたるところで使うので、注意しておきましょう。(メイビーも実現性は30%くらいです。)

ほぼ同じ意味ですが、使い方には少し違いがありますよ。

実現性30%・メイビー(maybe)とパハップス(perhaps)の違いは?

ほぼ意味は同じなので、そこまで気にすることはありません。どちらも副詞です。

副詞といえば、文頭・文末・文中などいたるところに配置できる品詞ですが、

Maybeは、主に文頭・文末に配置され、perhapsは文頭・文末・文中のどこにでも配置されます。(文中の場合は、動詞の前かbe動詞の後ろ)

  • たぶん、彼は来ないかもしれない。
  • Perhaps he is not coming.
  • 彼女はたぶん日本人かもしれない。
  • She’s perhaps Japanese.
  • 彼らは参加するかもしれない。
  • They will join us perhaps.
  • たぶん、合っている。
  • Maybe it’s right.

実現性50%~60%のライクリー(likely

Be likely toの形で良く使われるlikelyは、実現性50%。パハップスより確立が高くなります。

  • 彼らはたぶん、結婚するかもね。
  • They are likely to get married in the future.
  • 彼はたぶん学校にはもう来ないかもしれない。
  • He will not likely come to school any more.

likely単独でも使うことができます。

スポンサーリンク

80%の実現性:プロバブリー(probably

Hiroka
Hiroka
プロバブリーは、パハップスよりはるかに可能性が高くなります。“たぶんきっと”くらいの感覚です。

例えば、パーティーに来る?と聞かれてプロバブリーと答えると、“きっと行くよ”、パハップスと答えると、“行かないかも”くらいの意味の差が出てしまうことを覚えておきましょう!

  • Probably, he did it.
  • きっと彼がやったんだと思う。

実現性90%のモストライクリー(most likely

Hiroka
Hiroka
プロバブリーと同じくらい、あるいはそれ以上に実現性が高いのがmost likelyです。
  • He’s most likely to get married with her.
  • 彼は絶対彼女と結婚すると思う。

まとめ

Hiroka
Hiroka
パハップス=たぶんと覚えるだけでは不十分。どれくらいの実現性なのかを合わせて、関連用語と一緒に覚えてしまいましょう!
Manabu
Manabu
メイビーばかり多様するのもNGなんだね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA