え?海外ドラマが
まだ聞き取れないの?
ややこしや英単語

【納得】アナザーの意味とは?Other とAnotherとthe otherの違いは?

anotherとotherの違い

Manabu
Manabu
アナザーストーリーとかよくタイトルに出てくるけど、これって【別のストーリー】ってことでいいんだよね?でも【別の】だったら、アザーでも良くない?

Hiroka
Hiroka
んーそうですね。確かに【アザー(other)もアナザー(another)】も【別の】と訳すことができますが、ニュアンスが少し違います。

英語から由来する言葉なので、単数形と複数形にまず注意する必要があります。

アナザーはan+otherからできているので、単数形に使います。アザーは、複数の他のものを意味するので、複数形に使います。

そのため、アザーストーリーではなく、アザーストーリーズが正しい英語になります。

黒板にまとめるとこんな感じ…!

アナザーとアザー

別のストーリーがたくさんある

➡アザーストーリーズ:Other stories

そのたくさんある別のストーリーのうちの一つ

➡アナザーストーリー:Another story

Manabu
Manabu
なるほどね。こんな違いがあるんだね。

日本語には単数と複数の考え方があまりないから、こういうところってややこしいよね。

 

Hiroka
Hiroka
そうなんです。複数や単数、冠詞など日本語にはない表現で、微妙にニュアンスが変わるから注意が必要なんですね♪

もう少し詳しく下記で解説しておきますね。【The other】や【The others】という表現についても要注意ですよ!

アナザーは、an+other

アナザーの意味

anotherと比較!
one-another-the other

不特定な一つ:one

不特定なもう一つ:another

特定なもう一つ:the other

先ほどもご紹介したように、アナザーはanotherからできています。

Anとは、“1つの”を意味しています。 aと同じように使います。

  • A dog 一匹の犬
  • An apple 一つのリンゴ

母音(a,i,u,e,o)のときは、anを使うんでしたね。

anとotherがひとつになったのが”another”なので、当然一つのものに対して使います。

Otherが【ほかの】を意味するので、【いくつかあるほかのものの中の一つ】というのがanotherの意味です。

注意!残りのもう一つはアナザーでは表せない。

アナザーは、不特定なものを表します。

A dogというときは、一匹の犬とも訳しますが、【ある一匹の犬】と訳すこともできます。ある一匹の犬なので、どの犬か特定しているわけではありません。

特定な犬を表すときに使うのが、冠詞”the”です

  • 世の中にたくさん犬がいる中のとある一匹の犬=a dog
  • みんな(会話をしている人たちみんな)が知っている特定の犬=the dog

 

Manabu
Manabu
なるほど!二回目に出てきた名詞にtheがよくついているのは、会話している人たちが、どれについて話しているか特定できるかなんだね! 

Anotherからできたanotherは↑の説明と同じように【たくさんあるほかのうちの一つ】という意味なので、【残りの一つ】のように特定されたものは表せません。

特定したいときに登場するのが、【the other】です。

日本語にすると(もう一つ、もう一方、残りの一つ)など訳せますが、特定できるひとつのものを表すときに使います。

例えば、下のように黒と白のボールが一つずつあったすると…

  • One is black. ひとつは黒。
  • The other is white. もう一つは白

と表すことができます。

Anotherはどんなときに使うかと言うと・・・

〇●◎と三種類のボールがあったとき、

  • One is white.
  • まずは白いボールについて説明。残りは2つ。
  • 複数残った2つのうちの一つを表すには…
  • Another is Black.
  • 残りの(特定された)ひとつを表すには…
  • The other is double circle.

下に表にまとめてみましたので、こちらでも確認してみてくださいね。

anotherとotherの違い

スポンサーリンク

アザーの意味とは?

Otherと比べておきたい表現

不特定なグループ:some

不特定なほかのグループ:others

特定できる残りのグループ:the others

Otherは【ほかの】を表しています。特定のものを表しているわけではないので、すごくぼんやり、ざっくりとした表現です。

ほかのものをすべて指す(残りのものすべて)場合は、theをつける必要があります。

  • Some are written in Japanese and others are written in English.
  • 日本語で書かれているものもあれば、英語で書かれているものもある。

(この場合、英語と日本語のほかの言語で書かれているものもある可能性あり。)

  • Some are written in Japanese and the others are written in English.
  • 日本語で書かれているものと、英語で書かれているものがある。

(日本語で書かれているもの以外はすべて英語で書かれている。)

図にまとめるとこんな感じです。

someとotherの違い

まとめ

いかがでしたか?

アナザーの意味は、納得できたでしょうか。

Hiroka
Hiroka
説明を一通り読んで理解したら、あとは文脈や会話の中で使われいるanotherに注意をしてみると、スゥーっと納得ができると思いますよ♪。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA