【肌寒い・底冷え・冷え込む・暖かくしてね】を英語で?中学英語で簡単英会話!

      2016/10/18

肌寒いを英語で?

肌寒い季節になってきましたね。今日はこの時季に使える英語表現についてまとめておきたいと思います。

生徒
Hey, what’s wrong with you? あれ?どうしたの?
先生
Well, I have a chill. いや、寒気がするんですよね・・・。Probably I caught a cold…風邪ひいたのかもしれません。
生徒
Maybe it’s because it’s getting “肌寒く”.  最近、だんだん肌寒くなってきたもんね・・・。
I heard it’ll get much. “冷え込む” tomorrow. 明日は、冷え込むらしいよ。
あたたかしておかないとね。
先生
Thank you very much. ありがとうございます。心が暖かくなりました。
生徒
・・・(日本語まじりの英語にしたけど、“肌寒い”、“冷え込む”や“温かくして”って英語で何て言えばいいんだろう・・・)

10月中旬にもなっていよいよ肌寒くなってきましたね。福岡もだんだん寒くなってきています。そういえば、市内の中学校でインフルエンザによる学級閉鎖があったとか・・・。風邪などで体調を崩すひとも多くなる時期ですね。私も体調管理に気をつけねば!

今日はこの時季に使えそうな英語表現をまとめておきたいと思います。できるだけ中学英語で言えるように気を付けていますので、英語が苦手な方もぜひ(^^♪

スポンサーリンク

肌寒いを英語で?:a little cold, chilly

寒い

寒いと言えば“cold”が一番に思い浮かびますね。肌寒いは、“寒い”ほどではないので、“a little cold”や”a bit cold”などで表すことができます。

“a little/ a bit”は“少し”という意味です。少し寒い=肌寒いとなります。

この表現以外によく使うのが“chilly”です。Coldほどなじみはないと思いますがこの単語も覚えておくととても便利ですね。“肌寒い”とか“ひんやりする”という意味です。Coolは“涼しい”(心地よい寒さ)という意味なので少しニュアンスが異なりますね。

寒さの度合いはcool<chilly<coldとなります。(coldが一番寒い)

  • 今日は肌寒い。
  • It’s chilly today. / It’s a little cold. / It’s a bit cold.
  • だんだん肌寒くなってきたよね。
  • It’s getting chilly, isn’t it? (chillyをa little cold やa bit coldに変えてもO.K.)
  • 肌寒そうだね。
  • You look chilly. (chillyをa little cold やa bit coldに変えてもO.K.)

覚えておきたいchillyの使える表現

fcc6162f87a354dbddc3b6fd2970c31e_s

Chillyは、肌寒いやひんやりするという意味のほかに“冷淡さ”も表すことができます。英英辞書では“chilly=unfriendly”と出ています。

  • She has a chilly look.
  • 彼女は冷ややかな顔をしている。

Coolにはかっこいいという意味がありますが、”cold(冷酷な)”や”chilly(冷淡な)”にはネガティブなイメージがあります。

名詞のchillは風邪などで“寒気がする”と英語で伝えたいときにも便利です。

  • 寒気がする
  • I have/feel a chill.

Chillyと合わせて覚えておきたいですね。

底冷えするを英語で?:chilly, cold

底冷えとは、放射冷却などが原因で床が冷えている状態を指すそうです。Coldで表してもよいのですが、これも“chilly”のひんやりする感じのほうがしっくりくると思います。

  • The floor got chilly.
  • 床がひんやりした。=底冷えした。

ただ、底冷えも使うひとによってその定義も曖昧だと思います。単純に“寒いや肌寒い”を表していることもあるので、【It’s cold. / It’s chilly. 底冷えしている。】のように表現することもできますね。

冷え込むを英語で?:get much colder/get cold

国語辞典で“冷え込む”とひくと、“急に気温が下がる”と出てきます。これをそのまま英語にすればいいですね。

昨日の気温や昼間との気温と比べて冷え込むときは、比較級を使って”get much colder”、比べるものがない場合は、”get very cold”などでいいと思います。

Veryをほかの表現にすることで寒さの度合いを変えることができますね。”get extremely cold(きわめて寒く)/ get freezing cold(凍えるほど寒く)”

  • 朝は冷え込むようになった。
  • It got much colder in the morning.
  • 急に冷え込みましたね。
  • It gets cold suddenly.

暖かくしてねを英語で?:Keep yourself warm/ Stay warm

この時季は、よく使いそうな表現ですね。

“暖かくしてね。=暖かく自分をキープする”になるので、状態を保つ動詞の“keepやstay”を使って表現することができます。

  • 暖かくしてやすんでね。
  • Keep (yourself) warm and have a good sleep. /Stay warm and get some rest.

ちなみにkeep warmでももちろんO.K.です。

発音に注意しよう!warmとwormの違い

Warmとwormは間違いやすいので注意ですね。

カタカナで書くと“ウォーム”と“ワーム”です。

スペルではwarmなのに、発音がウォームなのがややこしいですが、それほど難しくないので、“ワーム”や“ウァーム”のように発音しなければ通じます。

Worm(ミミズなどの虫)は、ワームなのですが、日本語の発音とは大きく異なります。

日本語のワは口を大きく開けて、母音“あ”の音を出しますが、wormのワは、口をすぼめてウの形を作って、すぐにRの音を出すイメージです。

wor部分は“were(areの過去形)”と同じ発音なので、“wereにmをつける”と言ったほうが分かりやすいかもしれませんね。

まとめ:肌寒いを英語で?の記事はいかがでしたか?

607f34f304b7f0131178b373f8aeb6d4_s

今日は、この時季良く使えそうな“寒さ”に関する表現をまとめてみました。

朝晩の冷え込みが厳しくなりましたね。みなさん、体調を崩さないように…

Keep warm and get a enough sleep.

 - 冬の英語表現