声が出ない・声が枯れる・声がかすれる・喉がイガイガを英語で?

      2016/08/13

声が枯れる・声が出ないを英語で?

生徒
あれ、風邪でもひいたの? Did you get a cold?
先生
いえ、花粉症で・・・声が枯れちゃいました。喉ガラガラなんです。 Hey fever season has come and I got a sore throat.
生徒
あー、それ辛いよね。大丈夫? That's too bad.  Are you O.K.? ところで、声が枯れるって英語でなんていうの?植物が枯れる"wither"とか使えるの?
先生
それも使えなくはないでしょうが、あまり聞いたことがありませんね。では今日は、”声”に関する表現を学んでいきましょう!
生徒
あ、ぜひお願いしまぁーす。
今日のポイント

声が枯れる・声がでないを英語で?

今年は、目や鼻よりも喉に症状が来ています・・・。花粉症には困ったものですね。今日は、”声”に関するフレーズを学びましょう!

声が出ない①=lose one's voice

  • 歌いすぎて、声が出なくなった!
  • I've sung too much and I've lost my voice.

声が出ない②=one's voice doesn't come out

  • 歌いすぎて、声が出なくなった
  • My voice won't come out after singing a lot.

声が枯れる=get  hoarse(ホース)/ husky.

  • 風邪で声が枯れてしまった。
  • I got a cold and my voice got hoarse.

ハスキーは日本語でもおなじみで覚えやすいですね。

喉がイガイガする=get a sore throat.

  • 喉がイガイガするようになった。
  • I've got a sore throat.

ほかにも、”I have/ got a frog in my throat”とカエルのガラガラ声をイメージした表現もありますよ。
例)
I'm sorry. I 've got a bit of frog in my throat. I know you can't hear me clearly.
すいません。喉がガラガラで・・・。はっきり聞こえませんよね。

ではそのほかの注意点を下記で解説したいと思います。

スポンサーリンク

症状を表す単語と相性がいいのは、状態変化を表すSVC動詞

SVCとは、第二文型のことで、状態変化を表すときに使う動詞を使ってできる文型を指します。

こう聞くと難しいように感じますが、とっても簡単です。S=Cだ。(例:私は幸せだ。I am happy.)
形容詞と主語を結びつける動詞です。

be動詞がSVC動詞の基本ですが、be動詞では状態変化を表せません。その状態にある場合にのみ使用します。

状態を表すSVC動詞

  • get : I got a cold.  風邪を引いた
  • become: My voice became hoarse. 声が枯れた
  • feel : My stomach feels heavy. 胃もたれがする
  • go : This meat will go bad soon. このお肉はもうすぐ悪くなるよ。

状態変化を表すSVC動詞の中には、なじみのある"go"もありますね。goは、SVC動詞としても使うことができます。
英語学習のポイントは、動詞の使い方に重点を置くこと。

1つの動詞で、さまざまな文型を取ることもあるので、その用法をしっかり学ぶことで、英語を使いこなせるようになりますよ。

声が出ないの主語は声?

”声がでない”の主語は何だと思いますか?

日本語では、主語の省略がよく起きています。また”〜は、〜が”が必ずしも主語になるわけではありません。

例)

  • これは、私がするね。(これは=目的語)=私がこれをするね。
  • 今日は、元気だね。(”君は”が省略)=今日、君は、元気だね。

と主語を取るのが難しいのが日本語です。英語は主語を省略をしない言語なので、主語を見つける必要がありますね。

”声がでない”は2通りの考え方ができ。ひとつは、声を主語にして・・・
My voice won't come out.  どうしても声が出てこない。

もうひとつは、声がでないのは誰?=私 ここから私を主語にして、
I’ve lost my voice. 私は声を失った。(声が出ない)

となります。英語は動詞が中心の言語ですが、その動作主を正しく表現することも重要です。特に日本語は主語をあいまいに捉えていることが多いので、意識的に主語を見つけるように練習をしましょう!

スポンサーリンク

インプット学習(独学)×アウトプット学習こそが英会話上達の秘訣!

オンライン英会話を受講される方は、手軽な英会話をイメージされている方も多いですが、それだけでは中々、成長を感じられないのが語学です。

なぜなら、オンライン英会話レッスンはアウトプット学習(学んだことをアウトプットする場)だからです。

正直、私のオンライン英会話レッスンだけを受けていただいても、独学でのインプットをしていただかないことには、効果があまり出てきません・・・。

一方で自分でコツコツ、インプット学習をされる方って本当に伸び率がすごいんです。

 インプット学習がうまくいかない生徒さんの特長は・・・

  • □ やる気はある!だからテキストや参考書をたくさん買う
  • □ 少しテキストをやると、飽きてしまってほかの本に浮気したくなる
  • □ 効果が感じられず、不安になってこの本でいいんでしょうか?と質問する。
  • □ コツコツ続けることが大切と伝えても、内緒でほかの本を買う。

この繰り返しです。不安になってやめてしまうんですよね。気持ちはとてもよくわかります。私も昔はそうでしたから・・・。

どの本を使っても大切なのは1冊きちんと終えること。終わったら、それを何度も繰り返すこと!なんです。でもそれって思っているより難しい。これでいいのかな?という不安や飽きがきてしまいますからね・・・。

そんなインプット学習がうまくいかない生徒さんに、私がおすすめしている『スタディサプリENGLISH』です。

スタディサプリENGLISHって何?

独学の英語学習をとことんサポートしてくれるプログラムで、スキマ時間を有効に活用して英語学習ができます。パソコンでもスマホのアプリでも勉強できるのでとっても便利ですよ。

 

ドラマ仕立てのストーリーを通してリスニング練習〜フレーズ学習、ディクテーション(書き取り)練習などなど・・・月額980円でここまでできるの?という盛りだくさん感!

さらに音声のスピードもネイティブスピードから通常よりも遅いスピードにできたり、解説もとても丁寧にされています↓↓

 

飽きない工夫はアプリならでは。紙のテキストではここまでできません。

豊富なレッスン量で学習記録で努力の見える化ができる点も続けられるポイントです!!続けられる=ペラペラへの道です。

【独学による単語やフレーズ、文法学習などのインプット】×【オンライン英会話によるアウトプット】こそが相乗効果を生み出し、英語力の向上へとつながります!

スタディサプリの場合は、インプット学習に加えて、発音の確認やシミュレーションなどもできるので、セルフアウトプットもできます。だから、たくさんのフレーズや単語が頭に入る!!

スタディサプリでの学習×オンライン英会話をしている生徒さんはグングン伸びる!

だから、私の生徒さんの8割の方は使っています。生徒さんが使っているので、もちろん私も使っています(^^♪共通のプログラムを使うと会話が広がり、学習効率があがりますからね。

インプット学習不足を感じているなら、ぜひ一度『スタディサプリ』をご利用されてみてくださいね。7日間は無料で使えますよ♪

公式サイトはこちら↓

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)