【また今度お願いします・また誘って・またの機会にお願いします】を英語で?お断り定番フレーズ

      2017/08/05

また今度お願いします・また誘ってを英語でなんて言う?

今日は海外ドラマでもよく耳にするフレーズ。デートやディナー、イベントなどに誘われて、あいにく忙しくてお断りをするときの定番フレーズですよ♪

今日のポイント

◆How about a rain check: また今度お願いします。

本来rain checkとは野外コンサートやスポーツの試合などが雨天のため中止になったときに発行される振替チケットのことです。

ここから、なにかお誘いを受けて、何かの都合でいけないけれど、次回またお願いしたいときにこのフレーズが使われるようになりました。

  • How about a rain check?:また次回でいいかな?
  • Can I take a rain check?:また次の機会に?
  • Give me a rain check? :また次回誘ってね。

などrain checkといろいろな動詞を組み合わせてつかうことができますね。もともとはチケットなので、チケットなどと一緒に使う動詞とよく使われます。

このフレーズにいろいろな例文を当てはめてトレーニングをしていきますよ♪

スポンサーリンク

フレーズを会話シーンでチェック

生徒
Hey! Let's go out for dinner:食事いこうよ!
先生
Oh, I'm sorry. I'm too busy now. Can I take a rain check?:ごめんなさい。今いそがしいの。今度にしてくれる?
生徒
Oh, O.K. We can go some other time. うん、わかった。また別の時にでもいけるよ。

こんな風に、お誘いを受けたけど、今回は行けないから次回に!とお断りするときに使える表現です。海外ドラマのフレンズでも下記のようなセリフが出てきていましたよ。

  • I'm gonna need a rain check.
  • また今度にする必要があるわ。

rain check以外の他の英語表現:また今度お願いします

rain check以外にも、【また今度お願いします・また誘って・またの機会にお願いします】を表現することができます。

  • Maybe another time.
  • またの機会に。”another timeとは、もう一つの機会に”という意味ですね。
    ややカジュアルな表現ですね。
  • Can we do this some other time?
  • 他の別の機会にでもできますか?(またの機会にお願いできますか?)
  • Maybe next time
  • また次の機会だね。こちらもカジュアルな表現

またの機会によろしくお願いしますを英語で?

”またの機会”までは先ほどご紹介したフレーズでばっちりですね。

でも”よろしくお願いします”の部分はどうすればよいか?とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

日本語では、あいまいに”よろしくお願いします”となっていますか、このような便利な言葉は英語にはありません。

【何を】よろしくお願いしたいのかを明確にして、訳する必要があります。

例えば、お誘いを断る場合…

  • またの機会によろしくお願いします=またの機会にぜひ誘ってください。
  • If there is another chance, please invite me again.

お誘いを断るので、次回お願いしたいのは、【また誘ってください】こと。この部分を英訳すればよいですね。

このように、【よろしくお願いします】はシーンごとに異なる訳をあてる必要があるので注意しておきましょう。

難しいときは、↑でご紹介したような”Can we do this some other time?”や”Can I take a rain check?”などにしておくとよいですね。

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)