勘違い多発!”late"の使い方!今日は遅くまで働きましたを英語で?

      2016/08/13

実は勘違いをしている人が多い”late"の使い方とは?

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

タイトルの解答ですが、”今日は遅くまで働きました”を英語で→ I worked late today.

回答はlateを使いましたが、ほかにもこんな言い方ができます♪
I worked(did) overtime. 今日は残業しました。

あるいは
I had a lot of work today and I had to work longer than usual.
今日はめっちゃ仕事があったから、いつもより長く働いたの。とかも言えますね♪

スポンサーリンク

今日のポイント:lateの使い方

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

lateには、形容詞のlateと副詞のlateがあります。ここがややこしやポイントです。

慣れるまで使うのが意外に難しいですね。

では副詞のlateの例文をいくつか見てみましょう!(副詞とは動詞や文章を修飾(説明を追加)する言葉、形容詞は名詞を修飾する言葉ですね)

  • I worked late.
  • 私は遅くまで働いた。
  • The train arrived late.
  • 電車は遅れて到着した。
  • He came late.
  • 彼は遅れてやって来た。(遅刻した)
  • I got up late.
  • 私は遅い時間に起きた。
    (寝坊したという意味や、ゆっくり起きてきたなどシチュエーションによる)

すべて副詞のlateで、動詞に説明を追加する単語ですが、日本語にすると意味が少し違いますね、、、。”遅刻する意味:遅れて”と”時間的に遅くまで”のどちらでも使えます。だからややこしや単語なんです!

英英辞書に書いてある意味を訳すと、
『予想していた時間、通常の時間、適切な時間よりも後』というのが副詞lateの定義です。

②~③はすべて『遅く』と訳し変えても意味が通じますが、①は遅くにすると違う意味になってしまいますね。
これは日本語の[おそい]に2つの意味があるからですね。

  • 速い(fast)←→遅い(slow)
  • 早い(early)←→晩い(late)

しかも『晩い』ってあまり見かけないような気がします。(私だけ?)
晩い(おそい)はだんだん使わなくなっている言葉のようですね。時間的におそいときは、晩いを使うので、夜分晩くと書いても間違いではないでしょうか、いまではあまり見かけませんね。

でも↓のように晩いと遅いを分けるとわかりやすいですね。

  • 遅く(ゆっくり)働く work slowly
  • 晩く(おそくまで)働く work late

また【遅くまで】というまでにとらわれて、untilなんかを入れてしまいそうですね。

☓work until late (NG)

ただしこういう表現はOKですよ。

I worked until late at night. 深夜遅くまで働いた。

うまく伝えられているか不安ですが・・・。お役に立てば幸いです。
とにかく、例文を暗記してとっさに使えるようにしおきましょう

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - ややこしや英単語