これは何色ですか?を英語で?HIROKAのバイリンガルキッズ教育

   

レッスン7日目:何色?を英語で?

20160907_235826_0

今日のレッスンの様子をお伝えするまえに4コマのタイトルの解説を少し。

何色?は英語で”what color?”ですね。

例えば”あなたの車は何色ですか”なら”What color is your car?”とすることができます。
”What color is this?”でこれは何色ですね。

では7回目のキッズオンライン英会話の様子をご紹介。

スポンサーリンク

今日は7回目のレッスン・・・でもその前に予習

1212

今日はレッスンの前に一通り予習をしました。

“Let’s begin”の4ページと5ページのお勉強です。ボールと縄跳び、ヨーヨー、自転車の4つの単語を学びます。

ひとつずつ、絵を見ながら単語を勉強しました。『ボールは日本語と似ているけど、言い方が違うねぇ。“ボールとballだよ。”とか、縄跳びは、ジャンプするから、“jump rope”だよ。

ヨーヨーは日本語と一緒だけど、言い方が面白いねぇー』なんて話ながら記憶に残るように予習をしました。

絵を見たら、とりあえず単語を言えるようになったのでレッスンスタート。今日はきっとバッチリだ!!

さっそくレッスン

今日の先生は、テキスト中心にレッスンをされていたのですが、ちょっと娘には難しかったようで、私もかなりフォローしました。

  • “その質問はちょっと難しすぎます。”“〇〇”という単語を知りません。
  • This question sounds too difficult for her. She doesn’t know the word “〇〇”.
  • “まだ英語を勉強して1週間なので・・・”
  • It’s been just a week since she began learning English.
  • “リピートを基本にレッスンをしていただけますか?”
  • Could you make the lesson on a repeating basis?

こんな感じで、フォローしつつ、先生のことをリピートする形にしてもらいました。

ほぼ何も単語を知らない娘・・・。先生の質問なんてわかりません。

いまできるのはリピートするだけ。

What’s your name?はもうバッチリわかるけど、“what”が何という意味なのかまだ理解していないようです。

まだまだ始めたばかりで、単語もフラッシュカードを使いながら少しずつ。最近は、顔のパーツと身体のパーツを覚えてきました。

これから、単語を教えるときは、その単語だけでなく“what’s this?””It’s a 〇〇”の形で会話形式で答えさせる練習もしていこうと思います。

この方がレッスンで答えられることが増えるだろうし、会話の形ですっと頭に入ってくるかもしれません。

それにしても、ボールの絵を見て、what color is this?と聞かれても・・・まだまだ難しいよ。色とかテキスト出てきてないよー先生!!

同じ先生を予約すれば、娘のレベルも分かってもらえるんでしょうが、予約するにはポイント消費しないといけないので、これは我慢、我慢。こういうときのために私がサポートしているのだから・・・。

ということで、今週の娘の課題は、”what color is this?”と”what is this?”の二つにしようと思います。

レッスンだけでなく、日常生活のなかでもこのフレーズを使って、赤・黄色・オレンジ・青・みどりくらいは覚えさせよう!!
大好きな魔法使いプリキュアの髪色を使って教えてみよっと♪

こうやってあせらず、少しずつマイペースで単語とフレーズを覚えさせていけば、きっと英語が上達するはず!

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - バイリンガル教育