わがままを英語で?バイリングガルキッズ教育日記

   

Am I too demanding?

20160902_161344_0 (1)

冒頭の4コマのタイトルで出てきた"demanding"はわがままなひとを表す形容詞です。

demandは動詞で”〜を要求する”や名詞で”需要”という意味があります。ingにすることで形容詞としてつかうことができ、常に要求の多い人を表すときに使えますよ♪

英語の説明はこんくらいにしておいて、ではキッズオンライン英会話の様子です。

スポンサーリンク

3日ぶりにバイリンガル教育日記を更新

しばらくブログを更新することができませんでした。

前回、レッスンをしがたらない娘の内容で終わってしまったので、そのまま娘がレッスンを受けなくなってしまったと心配されてコメントを下さった方まで・・・ご心配おかけいたしました。

娘はレッスンを楽しく受けています。

レッスン6日目

253024

6日目のレッスンは、少年野球を見物する傍らでしてみました。

先月から少年野球に入部した息子の練習・・・野球にあまり興味のない私にとっては、練習頑張ってるなぁっと感心してみているだけ、ちょっと退屈になってきます。

練習は4時半から7時まであるし、この時間をただ見てるだけで済ませたくない!ということで隅の方で娘とレッスンを開始。

前日まで嫌がっていた娘のナナですが、今朝の段階で『今日はレッスンするけん!』と言ってくれていたので、すんなりレッスンを受けることができました。

それにしても、パソコンやスマホがあればどこでもレッスンを受けれるのがオンライン英会話のいいところですね。

ネイティブキャンプはiphoneならアプリもあるようですが、私はアンドロイドなので、ChromeBookを持参していたので、それを使ってレッスンをしました。

注文の多い私です・・・。

1212

いつものようにレッスン可能な先生をその場で選んで即レッスンスタート。なぜか選べる先生の中で一番かわいい先生を選ぶ娘・・・。なぜに??

今日は、いままで覚えた歌を披露したかったので、先生になにができるかを説明したうえでレッスンを展開してもらいました。

ちなみにこんな風に説明しましたよ。

  • She learned the song “head, shoulders knees and toes” last time and since then she’s been singing it all the time.
  • 娘は、“ヘッド、ショルダーズ、ニーズ&トーズ”の歌を前回学んで、それ以来、いつでもずっと歌っています。
  • I believe she really wants to show her singing it to you. So Can you ask her sing the song?
  • だからきっと先生に歌っているところを見せたいと思うので、歌うように頼んでくれますか?
  •  She also got to understand all the name of the body parts in the song such as head, shoulders, knees, toes, eyes, ears, mouth and nose.
  • あと歌に出てくる身体のパーツの名前を理解したので、
  •   So can you also give her some quizzes to ask what the name of each body part is.
  • それぞれの身体のパーツの名前を尋ねるクイズを出してあげてほしいです。
  •  After that, please use flash card to learn new words. Thank you.
  • その後、フラッシュカードを使ってレッスンをお願いします。

んー振り返ってみると、注文の多い私・・・。先生ごめんなさい・・・。

初めての先生だったので、いままでの状況などをお伝えする5分くらいかかります。これも一つのコミュニケーションになるので、いいかなとも思います。

ということで、希望通り、上の流れでレッスンをしていただきました。

この日はとても調子がよく、内容もわかっていることばかりだったので、“気持ちよさそう”にレッスンを終えました。『上手にできたでしょと言わんばかりのドヤ顔』を見れて私も幸せです。

自信をどんどんつけて、これからも楽しく英語のレッスンしていこうね、ナナちゃん(^^♪

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - バイリンガル教育