足を引っ張り合うを英語で?キッズ英会話奮闘記

   

 二人だとこうなるよね・・・。

20160824_162450_0

4コマのタイトルで使ったGet in each other’s wayは、Get in each other’s way =お互いの道に立ちはだかる=足を引っ張り合うという意味で使います。

Get in someone’s wayで~の邪魔をするなので、each other’s wayにすると、お互い邪魔をし合うという意味になります。

それにしてもレッスンを二人で受けるのはいいのですが、途中でお遊びの延長になってしまう娘と息子・・・。とほほ。

スポンサーリンク

今日は2人で・・・

オンライン英会話レッスンに積極的な娘に対して、とっても消極的な息子6歳。

娘がやっているのを見ながら、少しは興味が出てきてはいるようです。もともと身体を動かすことが大好きなので仕方ないですが・・・興味持ってくれるとうれしいな・・・と思っていたら、今日は2人でやってみたいと言ってくれました。

ということで、ナナと一緒にナオも受けることに・・・。

出だしは好調だったけど・・・。

ナオもいままでナナのレッスンを聞いていたり、普段からあいさつ程度は英語で覚えているからか、自己紹介はばっちり。

『意外とできるやん!!』と喜んでいた私。

いつものようにフラッシュカードを使ったレッスンです。二人で先生の言うことをリピートしながら、数もちゃんと数えられていました。だんだんおふざけモードに・・・。

Oneのときは、二人して犬の鳴きまねをはじめ、フラッシュカードも日本語で答えるように・・・(汗)

先生もなんとか集中させようと、ピカチュウーのイラストを見せてくれて、ポケモンGOの話に。ポケモンGOという単語を聞き取れたとたん、二人してポケモンの話に・・・日本語で(笑)

ナナとナオ『あのね、いまレベル19になってね。たくさーんポケモンいるの・・・。』
先生『・・・』
ナオ『え?聞こえとぉ?聞こえとらんと?おーーーい』

・・・あれ?もしかして・・・

私『先生、日本人じゃないとよ!英語じゃないとわからんと!』
ナオとナナ『絶句!』

どうやら、今日の先生は黒髪で見た目も日本人っぽかったから日本人だと思っていたようでした。

結局、二人で受けるとおふざけモードに突入してしまいました。

ただ、息子曰く、『英会話楽しいーーー♪』ときゃぴきゃぴ喜んでくれたのでよしとしておこうと決めた私なのでした・・・(^^♪

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - バイリンガル教育