足を引っ張り合うを英語で?キッズ英会話奮闘記

   

 二人だとこうなるよね・・・。

20160824_162450_0

4コマのタイトルで使ったGet in each other’s wayは、Get in each other’s way =お互いの道に立ちはだかる=足を引っ張り合うという意味で使います。

Get in someone’s wayで~の邪魔をするなので、each other’s wayにすると、お互い邪魔をし合うという意味になります。

それにしてもレッスンを二人で受けるのはいいのですが、途中でお遊びの延長になってしまう娘と息子・・・。とほほ。

スポンサーリンク

今日は2人で・・・

オンライン英会話レッスンに積極的な娘に対して、とっても消極的な息子6歳。

娘がやっているのを見ながら、少しは興味が出てきてはいるようです。もともと身体を動かすことが大好きなので仕方ないですが・・・興味持ってくれるとうれしいな・・・と思っていたら、今日は2人でやってみたいと言ってくれました。

ということで、ナナと一緒にナオも受けることに・・・。

出だしは好調だったけど・・・。

ナオもいままでナナのレッスンを聞いていたり、普段からあいさつ程度は英語で覚えているからか、自己紹介はばっちり。

『意外とできるやん!!』と喜んでいた私。

いつものようにフラッシュカードを使ったレッスンです。二人で先生の言うことをリピートしながら、数もちゃんと数えられていました。だんだんおふざけモードに・・・。

Oneのときは、二人して犬の鳴きまねをはじめ、フラッシュカードも日本語で答えるように・・・(汗)

先生もなんとか集中させようと、ピカチュウーのイラストを見せてくれて、ポケモンGOの話に。ポケモンGOという単語を聞き取れたとたん、二人してポケモンの話に・・・日本語で(笑)

ナナとナオ『あのね、いまレベル19になってね。たくさーんポケモンいるの・・・。』
先生『・・・』
ナオ『え?聞こえとぉ?聞こえとらんと?おーーーい』

・・・あれ?もしかして・・・

私『先生、日本人じゃないとよ!英語じゃないとわからんと!』
ナオとナナ『絶句!』

どうやら、今日の先生は黒髪で見た目も日本人っぽかったから日本人だと思っていたようでした。

結局、二人で受けるとおふざけモードに突入してしまいました。

ただ、息子曰く、『英会話楽しいーーー♪』ときゃぴきゃぴ喜んでくれたのでよしとしておこうと決めた私なのでした・・・(^^♪

スポンサーリンク

ネイティブキャンプはバイリンガル教育にもおすすめ

オンライン英会話のキッズ英語を提供しているスクールも数多くありますね。たくさんある中から、選ぶのも大変・・・。それぞれ特徴もいろいろあると思うのですが、私の場合、決めてはコスパとレッスン回数と予約のシステムです。(子どもだけでなく、自分のオンライン英会話スクール選びでもこの点を重視しました。)

1日何度でも好きなときにレッスンが受けられる

ネイティブキャンプの場合、月額4950円でレッスン受け放題。キッズ英語の場合、とにかく数をこなして英語にどれだけ触れさせるかがポイントだと思うので、このコスパの良さは他のスクールを圧倒しています。

また、うちの子の場合、やる気が出たら即レッスンをしたいので、予約なしで空いている先生を選んですぐにレッスンができるシステムがとてもありがたいです。

キッズ英会話レッスンの質が良い

とにかく先生は、身体を動かしたり、フラッシュカードをつかったり、歌を使ったり、某アニメのキャラクターを見せてくれたりと、とても工夫してくれます。

Let’s goのテキストさえあれば始められるところもよいですね。

詳しくは、ネイティブキャンプの公式サイトを読まれてみてくださいね。

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - バイリンガル教育