【秋の気配・秋らしい・秋を感じる・秋めく・秋晴れ】を英語で?"in the air"の意味とは?

      2017/09/07

秋を感じるときに使いたい英語フレーズ

生徒
あれ、なんかウキウキしてない?どうしたの?You look happy. What's going on?
先生
秋めいてきて、なんか心が穏やかになりますね。I get upbeat in fall! 涼しくなってきたし、過ごしやすいです。It's getting cool and comfortable.
生徒
『秋めいてくる』って英語で言えたらカッコ良さそうだね!!
先生
では今日は秋を感じるときに使いたい英語表現を学びましょう!中学で習った単語で表現できちゃいますよ!
生徒
ぜひ教えてくださぁーい。

まだまだ暑い日が続いていますね。早く秋にならないかなと本当に待ち遠しいですね。

最近は、秋の良さをあまり感じないままに冬がやってくることもあります。今年は、秋らしい季節を感じたいものです。

今日のポイント

秋を感じる=I feel fall in the air

今日のポイントはこの"in the air"の使い方。
直訳すると”空気中”という意味になりますが、be in the air で”空気の中にある=漂っている”とか”気配”とか、そういう意味でよく使えますよ♪

秋を感じるを英語で”I feel  fall/autumn.”と単純にしてもいいですが、
”Fall is in the air.”や”I feel fall in the air” だと秋がそこらじゅうにある感じがして、素敵ですよね。

では、詳しく今日のポイントを解説したいと思います♪

スポンサーリンク

今日のポイント:秋らしい英語表現

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

今年は秋が早く来たように感じます。

過ごしやすくて、秋はいいですね。今日は、そんな美しい日本の秋を英語で紹介する際に使える表現を今日はご紹介します。

秋の気配・秋を感じるを英語で?:”in the air:空気中”はとっても便利!

  • Autumn/fall is in the air.
  • 空気中に秋がある=秋めいている・秋を感じる・秋の気配などの表現として使えます。

[in the air]は「空気中に」を意味するフレーズで、知っておくととてもよく使える表現です。

[Autumn is in the air.]は空気中に秋が広がっているイメージですね。

それだけで赤や黄色の美しいcolorful leavesが目に浮かびます。

冒頭でもご紹介しましたが、もちろん秋を感じる=”I feel autumn/fall”や"It feels like autumn/fall."と直接的に秋を感じるを英訳してもももちろんOKですが、日本語らしい表現である”秋めく”や”秋の気配”を表現する際には、少し工夫したいところですね。

そんなときに、この[in the air]を使ってみましょう!
in the airを使って、秋を感じる=I feel autumn/fall in the air

このin the airは組合わせしだいでとってもよく使える表現ですよ。ぜひ使ってみてくださいね。

  • ① Something cool is in the air.
  • なにかヒヤッとするものを感じる。
  • ② It's in the air that he will quit his job soon.
  • 彼がもうすぐ仕事をやめるという噂が広まっている。
  • ③ I felt tension in the air.
  • 緊張感を感じた。
  • ④ She can fly in the air  with her magical power.
  • 彼女は魔法の力で空中を舞うことができる。

②はうわさが漂うという意味で使います。itはthat以下の内容を指す仮主語です。that以下の内容が空気中にある=噂がただよっているとなっているんですね。

こんな風に便利なフレーズに出会ったら、たくさん例文に触れてください。

上の4つでもまったく足りません。

こういうものは感覚的に捉えていくのが大切なので、例文にたくさん触れることでその感覚を養うことができますよ。

秋の気配を英語で?ほかの表現は?signs of autumnの意味とは?

in the airは、空気中という意味でした。

秋が空気中に漂っているイメージ=気配としています。これが一番シンプルな表現ではあるのですが、
このイメージだと、小さな気配がするというより、すでに秋がやって来ているイメージが強いようにも感じます。

より日本語の気配に近いイメージは、"signs of  autumn"=秋の印。

気配を感じるを使う場合には、大きなサインよりも小さな、わずかなサインのことが多いので、わずかなを意味する"subtle"を使うとよいですね。

  • I found the subtle signs of autumn in the air.
  • 私は秋の気配を感じました。
  • There are subtle signs of autumn everywhere in the park.
  • 公園の至るところに(わずかな)秋の気配が漂っている。

feel autumn in the airの表現に比べて、やや難しく感じますね。難しいと感じる場合には、"feel autumn in the air"だけでも十分だと思いますよ♪

秋晴れを英語で:clear skies of autumn

秋晴れの澄み渡る空のイメージですね。

”clear skies=澄み渡る空”です。

  • You can enjoy beautiful clear skies of autumn today.
  • 今日は美しく清々しい秋晴れを楽しめます。

ほかにも、晴れを意味する(fine day)と組み合わせて、"a fine autumn day"と言ってもいいですよ。

  • It's a fine autumn day.
  • 今日は天気の良い秋の日だ=今日は秋晴れだ。

秋晴れの日は、清々しい感じもしますね。こんな表現と合わせて使えるとよいかと思います。

  • 今日は清々しい
  • It's cool and fresh today.
  • 空気が清々しい
  • The air is refreshing/crisp.

 

秋はもうすぐそこを英語で?Fall / Autumn is just around the corner.

around the cornerは、角の周りという意味ですね。

フィールドトラックでもコーナーに差し掛かるとゴールはすぐそこです。

秋はコーナーあたりにいる=秋はもうすぐそこ!という意味になりますよ。

  • 秋はもうすぐそこです。
  • Fall is just around the corner.

ちなみに来てしまった場合はこんな表現が使えますよ。

  • 秋はもう来ている。(もうここに)
  • Fall is here (already).
  • Autumn has come.

ちなみに、秋はもうすぐそこ!という表現ではありますが、秋の気配=秋が来る前に感じるものとするならば、この”Autumn is around the corner”を使って、秋の気配を表現してもよいかと思います。

秋らしいを英語で?so autumn / autumn-like

秋らしいは、”とても秋!=so autumn”でもいいですね。ほかにも、[秋のような=autumn-like]も使えますよ。

  • Your dress is so autumn.
  • Your dress is autumn-like.
  • ドレスが秋らしいね!

秋めく・秋めいてくるを英語で?

今までご紹介した表現を使って秋めくや秋めいてくるを表現することができます。

秋めく=秋らしくなる・秋を感じるようになる・秋づくという意味です。

本来の意味に基づいて英語にしていくのがポイントです。

  • 秋めく=秋を感じるようになる=秋を感じ始める。
  • We are starting to feel autumn.
  • 秋めく=秋の気配がいたるところにある
  • There are sings of autumn in the air.
  • 秋めいてる=ingを使って、進行表現に。秋の気配が徐々に漂ってくるイメージ
  • Sings of autumn is getting in the air.
  • 秋めいてくる=秋らしいをつかって。
  • It is getting so autumn here.

こんな風に【秋めく】を表現することができますね。

日本語には季節を表す表現がたくさんあります。

これらの趣を伝えるのは難しいですが、知っている単語や表現を使って、できるだけニュアンスが近づくように工夫してみるのもポイントですね。

秋らしい・秋晴れ・秋めくを英語で?英作トレーニングで理解度チェック!

解答例を見る前に、まずは知っている表現でなんとか英語で伝えてみましょう。
  • 秋めいてくる。
  • 秋っぽくなったね。(秋めいた)
  • 今日は秋晴れだ!
  • 秋の気配を公園で感じた!
  • 秋はすぐそこだ。

解答例はこちら(ページ下部へ)

秋らしい・秋晴れ・秋めくを英語で?:解答例はこちら↓↓

  • 秋めいてくる。
  • Autumn/Fall is in the air.
  • 秋っぽくなったね。(秋めいた)
  • It has became so autumn.
  • 秋の気配を感じる。
  • I felt autumn in the air.
  • 秋の気配を公園で見つけたよ♪
  • I found the sings of fall in the park.
  • 秋はもうすぐそこです。
  • Autumn is around the corner.

問題へ戻る(ページ上部へ)

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

 - 秋の英語表現