【続く・続ける】を英語で?

   

continue・keep・lastの違いは?

a52f9962fb036a8cdbe5abd6722bd2f0_s

“~が続く”という表現は意外とよく使うと思います。よく目にするのはやはり“to be continued”ですね。シリーズもののドラマなどの“つづく”の英語表現ですね。

これ以外にも“代々つづく”、“晴れの日が続く”、“不運が続く”、“後ろに続く”などいろいろな表現がありますが、どれもそれぞれ使う単語が違います。

“続く”を意味する英語表現

  • Continue (動詞)
  • Last (動詞)
  • Go on (動詞)
  • Keep (動詞)
  • Long-lasting / lifelong (形容詞)
  • Continuous (形容詞)
  • Still (副詞)
  • 現在完了の継続表現

続ける・続くの表現がたくさんあります。それぞれの使い方のポイントをつかみましょう!

スポンサーリンク

続くを英語で?①Continue=継続

3845ca83bede79c6e657449cbfe7cb05_s

“続く”といえば“Continue”を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。ゲームの”コンティニュー“ボタンや、さきほど出てきた”to be continued”という表現でもおなじみです。

“continue”は、続けるものの“始点”に着目している動詞で、【(これから・今から)続く】というのが本来の意味です。

他動詞としても、自動詞としても使えるので、“〇〇が続く”という表現(自動詞)も“〇〇を続ける”という表現(他動詞)もできます。

  • Raining may continue.
  • 雨が(これから)続くかもしれない
  • I will continue this.
  • 私はこれを続けます。
  • That meeting will continue for another 2 hours.
  • あの打ち合わせは(今から)あと2時間続きます。

後ろに“to do”が来るか“~ing”が来るかで意味が異なる点にも注意しておきましょう!

動詞によって、to doとingでは意味が異なるものがたくさんありますね。(remember/forgetなど)どの場合も“to do”は【これから・未来的な要素】で“~ing”【今・過去からの要素】のような違いがあります。

  • I forgot watching it. それを見たことを忘れた。
  • I forgot to watch it. それを見るのを忘れた。

Continueではどのような違いになるか確認しておきましょう!

不定詞が後ろに来る(continue to do)の場合:(習慣的に)~し続ける

To doが後ろに来る場合は、習慣的に続ける意味になります。

  • I continue to study English.
  • 私は(習慣的に)英語の勉強を続けている。

24時間ずっとし続けているわけではなく、していないときもあるが、習慣的に続けている。

動名詞が後ろに来る(continue ~ing)の場合:(ずっと)~し続ける

ずっと(やめることなく、やすむことなく)続ける場合に、~ingを使います。

  • I continued studying for 2 hours.
  • 2時間ずっと勉強をつづけた。

このように、continueは2つの“続ける(習慣的・継続して)”の両方に使える単語でとても便利なので、使い分けに注意しておきましょう!

続くを英語で②:(一定期間)持続:Last

01e5c7d6e8703f7f8e6322207eb9467c_s

“last”というと“最後の”という意味で覚えている方も多いと思いますが、この動詞も“~が続く”という意味で使える自動詞です。

”last”は、”continue”のように“~を続ける”という形では使えません!

他動詞としても”last”は使えるのですが、“持ちこたえる・もつ”という意味で使われます。
基本的には“~が続く”という自動詞の形を覚えておきましょう。

自動詞としてのlast

  • I hope that this relationship lasts forever.
  • この関係が永遠に続くことを願います。

※他動詞としてのlast:持ちこたえる・もつ

  • He will last 2 months.
  • 彼は2か月はもつだろう。
  • Whatever he starts, it doesn’t last for a few days.
  • 彼は何を始めても、数日も続かない・・・。

continueとlastの使い分け

“continue”が継続するものの始点に焦点をあてているのに対して、“last”は持続するものの終点に焦点を当てています。これは“last”が“最後の”という意味をもつことからもなんとなくわかりますね。

終わりが見えているので、一定期間続くものに対して使うことが多いです。

  • I hope this love lasts forever.
  • この愛が永遠に続くことを願います。

(この文章では一定期間続くものではありません、愛に終わりが来ることがあるため、それが永遠になればよいとlastを使っています。)

 

continueとlastはニュアンスがやや違う程度で、どちらを使ってもそれほど問題はないと思いますが、より多くの例文をチェックし、感覚をつかんでおくといいですね。

私の場合は、“これから(その時点から)続く”場合には“continue”を、“終わりが見えているもの”には“last”を使うようにしています。

続くを英語で③Keep・maintain:維持する・保持する=続ける

2e8ac716e5a67106227f8ec3c2fe4896_s

Continueが始点、lastが終点とすれば、keepやmaintainはその真ん中に焦点を置いている動詞で、維持する=続けるという意味になります。

例えば、“努力を続ける”なら、”keep efforts”や”continue efforts”となります。
どちらでも問題はありませんが、“keepは努力をすでに始めていて、それをキープする”というニュアンスが強くなります。

continueは始点に焦点を当てているので、努力をし始めた点に注目し、そこからその状態を継続するニュアンスになります。

続くを英語で④現在完了(継続表現)続く

e1e070ab28759816d63e68667f0cdd0b_s

現在完了(have+過去分詞)の継続表現を使っても、“続く”を表すことができます。

  • 朝からずっと曇りが続いている
  • It has been cloudy since this morning.
  • 私は4年間英語の勉強を続けています。
  • I have studied English for 4 years.

他の表現との違いは、現在に焦点を当てている点です。過去のある時点から、”現在”まで続いている様子を表す際に使います。

続くを英語で⑤:後続するの“続く”

3b6bff8e9aefc851168198e55521468d_s

前の人に“続く”、後に“続く”も“続く”を使った表現ですね。

この場合は、followやafterを使って表現することができます。

  • 私に続いてください。
  • Follow me please.
  • あなたに続きます。
  • After you. (Come after you)

続くを英語で⑥:代々続く

代々続く・続けるは、”take over”,"succeed to", "for generations"などを使って表現することができます。

  • 彼が家業を続けます。 (受け継ぐ)
  • He will succeed to (take over) his family business.
  • 彼の家は代々、大工さんだ。
  • His family is a carpenter for generations.

続くを英語で?⑦時間表現で

f157251c72cafb1542af36151665e17b_s

〜時間連続で(続けて)なども続く表現の一つですね。代表的なものを2つご紹介します。

For 5 straight hours :5時間続けて(通して)

“ぶっ続けて”“ぶっ通しで”・・・こんな日本語を使うことがありますね。(笑)強調する表現として、~間を表す “for 時間”にstraightを入れることができます。

  • 昨日は、5時間続けて(ぶっ通しで)ゲームをしたよ。
  • I played video games for 5 straight hours.

For 3 days in a row:3日間続けて(連続で)

ずっと通しているわけではないが、連続で起こったときに使えるのが“in a row”です。

  • 3日続けてUFOを見た。
  • I witnessed U.F.O. for 3 days in a row.

その他の“続ける・続く”英語表現

acc431abda56090c6714eaa50d090695_s

ネイティブがよく使う表現などをまとめています。

Stick with O :粘り強く続ける

突き刺すという意味のあるStickはものに“くっつく”イメージが強いですね。そこから粘り強く何かを続ける際に使う英語表現がこの“stick with”です。

  • If you want to be fluent in English, just stick with studying it!
  • 英語をペラペラになりたければ、その勉強を続ければいいよ。
  • Don’t give up! Stick with it to the end!
  • あきらめちゃだめだ!最後までそれを続けろよ!

まちがいやすい表現に“stick to”があります。
Stick withと同じ意味で“続ける”という意味でも使いますが、物理的に“くっつい”たり、“付きまとう”という意味にもなります。

  • He has been sticking to me.
  • 彼がずっと私に付きまとう。

 

まとめ:続く・続けるを英語で?

日本語でも、“継続する”“持続する”“維持する”“保持する”などは、すべて“続ける”や“続く”で簡単に言うことができます。

それぞれニュアンスが微妙に違うので、例文のなかで感覚をつかむようにすると良いと思います。

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文), 瞬間英作文トレーニング