学歴詐称・年齢詐称・経歴詐称を英語で?ゴシップを英語で説明してみよう!

   

学歴詐称問題を英語で説明できますか?

生徒
世間ではあの人の学歴詐称問題が話題になっているよね。番組が降板になったりして本当に大変だね。ところで”学歴詐称”って英語でなんて言うの?
先生
んーそうですね。綺麗な英語を話されていて、コメントなどからも教養の高い方だなと私は思いますが、誤ったプロフィールが掲載がされていたのは残念ですね。詐称とは、虚偽をする=嘘をつくということなので、案外簡単な英単語で表現できますよ!
生徒
え?そうなの?嘘をつくなら簡単そうだね!!Tell a lieとかかな?
先生
そうですね。では今日は”学歴詐称”を英語でなんと言えばよいかをリプロダクションしながら考えていきましょう!
生徒
なるほど。リプロダクションすれば良かったね。
今日のポイント

① 学歴詐称は英語で?

冒頭の会話文にもあったように、難しい日本語を簡単なものに変える(リプロダクション)すれば、簡単に表現できますよ。

まずは学歴を英語でなんというか見ていきます。

  • Educational background
  • Academic background
  • Academic career

では経歴は英語で?

  • one's background
  • one's career

backgroundとは、背景という意味です。その人の教育背景=学歴ということですね。

② 詐称する=嘘をつく・虚偽をするを英語で?

☆ lie 嘘をつく=詐称する

  • 彼は学歴/年齢/身分/地位(役職)詐称をしていた。
  • He was lying about his educational background/his age/his identity/his position.

☆ a false statement = 虚偽
(誤った供述)=詐称

  • 彼は私たちに、家族について虚偽を行っていた。
  • He gave us a false statement about his family

☆ tell 人 wrong information on purpose
わざと間違った情報を伝える=詐称する

  • 彼はわざと年齢について間違った情報を伝えた。
  • He told us wrong information about his educational background on purpose.

その他の表現

  • misrepresentation (硬い法律用語:虚偽)
  • misrepresentation of ages 年齢詐称

とほかにもいろいろな表現ができるかと思います。

スポンサーリンク

リプロダクションで英訳する癖をつけよう!

詐称すると聞くとものすごく難しい言葉で表現する必要があるように感じますが、リプロダクションをして、”嘘をつく”にすると簡単に英語にすることができますね。

私がよく生徒さんにお伝えしているのが、”子どもにその日本語を伝えるとき、簡単な言葉でどう説明しますか?”ということです。

日本人の英語講師をしていると、すぐに英語で○○をなんと言いますか?と聞かれるのですが、まず大切なのは、知っている英単語を駆使してそれを表現できないか考えることです。

そんなとき、”では○○は英語でどう言いますか?”というと皆さん、すぐに答えて、言いたかった言葉を簡単に英語にすることができています。

英語を話す上で大切なのは、この発想の転換です。

もちろん、そのあとに本当に伝えたかった言葉を覚えるのも大切ですが、コミュニケーションの流れを止めないように、リプロダクションする力を身に着けていくのも英語学習ではとっても大切ですね。

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)