【入籍・婚姻届け・挙式・披露宴】を英語で?marriage registration/wedding reception/wedding ceremonyの意味は?

   

結婚にまつわる英語表現をまとめてみました。

生徒
この間、上司に英語で「先日、入籍いたしました。」って報告したかったんだけど、
入籍って英語で何て言えばいいかわからなくてさ・・・。
先生

んー、そうですね。

入籍というのは日本独自のことなので、それを伝えたところで説明が必要になってくると思います。

入籍に近い意味で、単純に「結婚しました。」や「婚姻届けを出しました。」と言い換えたほうが伝えやすいですね。

生徒

なるほどね。それなら英語にできそう。

それにしても、文化が異なると単純に直訳すれば伝わるわけじゃないから難しいよね。結婚に関する言葉でほかにも気になることがたくさんあるよ!

先生
そうですね。では今日は、結婚に関する言葉を英語でどのように表現したらよいかまとめたいと思います。
生徒
ぜひ教えてくださぁーい。

冒頭の会話文にあったように、入籍や披露宴など結婚にまつわる言葉って多いですよね。

そんな言葉を英語でどう表現すればよいか今日はまとめています。

スポンサーリンク

入籍を英語で?

入籍を英語で直訳すると、下記のようになります。

Enter the family registration 入籍する=戸籍に入る

Family registrationとは戸籍のことを表しています。

ただ、この戸籍システムを導入している国は日本くらいなので、あまり国際的に通じる表現ではありません。
伝わりやすい表現で、入籍を表すには↓↓のような方法があります。

下記の表現を使って、入籍を英語で表現しましょう。

  • ①    入籍する=結婚する=Get married
  • ②    入籍する=婚姻届けを提出する=file one’s marriage registration

①    入籍=結婚する

入籍=結婚するとした場合は簡単ですね。Get marriedを使えばOKです。

  • We got married last month.
  •  先月結婚いたしました。(入籍いたしました。)

②    婚姻届けを英語で?入籍する=婚姻届けを提出する

婚姻届けを英語で”marriage registration”と言います。

[registration](登録)という単語が難しい場合は、marriage paterとしてもOKですよ。

[婚姻届けを提出する]の提出するの言い方にもさまざまな表現があります。

File A Aを提出する。

日本語のファイルでもおなじみですが、動詞で法律等に関する書類を提出するという意味があります。婚姻届けの提出にもぴったりの動詞ですね。

  • We filed our marriage paper last week.
  • 先週、婚姻届けを出しました。

Submit A  Aを提出する

ビジネス英語などではおなじみの提出するを意味するsubmitももちろんつかうことができます。

  • We submitted our marriage registration yesterday.
  • 昨日婚姻届けを提出しました。

使役動詞をつかって。

[Have O 過去分詞] の形を使って、Oを~してもらう

  • We had our marriage registered.
  • 結婚を登録してもらった=入籍した。

としてもOKですね。

その他の結婚にまつわる表現

では、その他の結婚にまつわる表現もご紹介したいと思います。

挙式を英語で?

挙式は、結婚式のことなので、[Wedding ceremony]ウェディングセレモニーでOKです。

日本語の結婚式は、挙式+披露宴の両方を指すこともありますが、Wedding ceremonyで使われているceremonyとは、宗教上の式や、伝統的な式などに使われる言葉なので、挙式を表す際にはぴったりな単語です。

例文でも確認しておきましょう。

  • 私たちは来月挙式をあげる予定です。
  • We are planning to have a wedding ceremony next month.
  • 彼らの挙式は、先月執り行われました。
  • Their wedding ceremony took place last month.
  • 挙式はするつもりなの?
  • Are you going to hold a wedding ceremony?

イベントを開くときによく使われる動詞【have, hold, take place】などと一緒に使われることが多いですね。

披露宴を英語で?

披露宴は、英語で【wedding reception】と言います。

Weddingの代わりにmarriageを使ってもOKです。

レセプションと言えば、日本語では受付を意味することが多いですが、もともとはreceive受け取るを意味する単語から派生して生まれた言葉なので、英語ではもう少し広い意味で使われます。

フォーマルな歓迎会などもreceptionと呼ばれ、相手を受け入れる(レシーブする)ことから来ています。

  • 披露宴はどこでする予定ですか?
  • Where are you going to have your wedding reception?

こちらも、イベントを開くときによく使われる動詞【have, hold, take place】などと一緒に使うとよいですね。

ちなみにアメリカでは、披露宴の前に“リハーサルディナー”という披露宴のリハーサルもかねた顔合わせ会のようなものもあります。披露宴は夕方されることも多いので、wedding dinnerという言葉も披露宴と同じ意味で使われています。

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

 - 日本文化・季節