【肩が凝る・腰痛・目の疲れ・筋肉痛】を英語で?

      2017/07/04

肩こり・腰痛・筋肉痛を英語で?

ではさっそくつぶやいていきましょう!

解答例を見る前に、まずは知っている表現でなんとか英語で伝えてみましょ
  1. あー肩が凝ったな。 
  2. 最近腰が痛いな。
  3. 目が疲れてるなぁ。
  4. 筋肉痛になっちゃった。

解答例はこちら(ページ下部へ)

スポンサーリンク

今日のポイント:痛みのキーワード 4つの表現を覚えよう!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s

痛みといえば、4つの単語が思い浮かびますか?

まず、一番に思い浮かぶのは名詞の"pain”だと思います。万能なフレーズとして、
"I have a pain in 身体の部位”を覚えておきましょう!

もちろん、部位によってはpainよりほかの単語がふさわしいときがありますが、とりあえず痛みを伝える万能なフレーズとして絶対暗記ですよ。音読して自分の物にしましょう!

次によく使うが、"ache"ですね。headache(頭痛), Backache(背中の痛み),stomachache(腹痛)など部位と一緒に使います。こちらも動詞はhaveやgetと相性がいいですね。

そして、ヒリヒリとした炎症などに使う言葉が形容詞の"sore"ですね。これもよく使うので覚えておきましょう!喉の痛み(sore throat)や、筋肉痛(sore muscles)などに使いますよ。

最後に"hurt"です。”heart"と発音が大きく異なり、心の♡は大きな口を開けてからRの発音するのに対し、こちらは、口をあまり大きく開けず、 そのままrのみの発音をするイメージですね。”~が痛む”という自動詞として使いますよ。もちろん、他動詞として"hurt A"で、"Aに怪我をさせる"や"Aを傷つける"で使えますよ。

今回勉強したように、同じようなシチュエーションで使う言葉をグルーピングして覚えるのも、単語暗記のコツです。意味を暗記するだけではつかないので、知らない表現・知っているけど、瞬時に口から出ないフレーズは、オリジナルセンテンスも作ってそれぞれ5回ずつ音読&パターンプラクティスをしましょう!

もっとトレーニングされたい方はこちら(つぶやき英作文過去記事へ)

日常会話で使う表現を学びたい方におすすめ。留学経験なしの私にとって、日常的に使用するフレーズをたくさん学べるこちらの本はかなり役に立ちました!毎日のちょっとした行動を英語でどういうのかな、IT用語って英語でなに?自動改札ってなに?こういう疑問に答えてくれる頼れる本ですよ!
PCからなら”なかみ!検索!”もできて、勉強になります♪

スポンサーリンク

アウトプットにおすすめ!コスパ◎!私も実感した効果大のオンライン英会話スクール:ネイティブキャンプ[PR]

みなさん、「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話スクールをご存じですか?

このスクールは、何と月額固定4,950円で1日何度でもレッスンを受けることができ、しかも7日間無料でお試しができてしまう太っ腹スクールです。

なんといってもコスパがすごすぎる!

普段から英語を話す機会を持つのは大事ですが、1時間ほどのレッスンではなかなか足りませんね。できるだけ長く英語をアウトプットする機会を持つことが大切です。

ただ、どのスクールもだいたい一日50分×1ヶ月のレッスンで3000円~7000円しますよね。そんな中、このネイティブキャンプは1月あたり5000円ほどで、毎日レッスンを何度でも受けれます。コスパ最強ですね。レッスンを受ければ受けるほど、レッスンあたり数10円くらいになるのではないでしょうか?

しかも、無料体験4回+7日間無料です。(お試しだけで終了したい場合は必ず決済日前までに退会をしましょう。)

土日のお休みに集中して3時間連続で英語を話すのもとても効果的だと思います。

公式サイトはこちら↓↓

では解答です。

解答例はこちら↓↓

  1. I got stiff shoulders.
  2. My lower back has been hurting recently.
  3. My eyes got tired. (I have eyestrain)
  4. I got sore mussels.

 

問題へ戻る(ページ上部へ)

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - 瞬間英作文トレーニング