バス・飛行機に乗る・バスに乗る・船に乗る・乗っているを英語で?getting on a busは間違いです。

      2016/07/27

今バスに乗っています・今タクシーですを英語で言えますか?乗り物別の”乗る”英語表現を確認しておきましょう!

生徒
HIROKA先生!バスに乗るは”get on a bus”だから乗っているはタクシーに乗るは”get on a taxi”でいいんだよね?
先生
んーそう言ってしまうと、”タクシーのボンネットの上に乗る”ようなイメージになってしまうんですよね・・・。
生徒
え?アクション映画のシーンみたいになっちゃうの?参ったなぁー。
先生
では今日はまちがいやすい”get”の使い方とバスやタクシーに乗っているという英語表現を勉強しましょう!
生徒
ぜひ教えてくださぁーい。
Today's Focus

get on といえば”乗る”なんですが、これは乗り込む動作を表しています。
そのため、進行形にしても”乗り込んでいるところ”という意味で、乗っているという意味にはなりません。ではどうすればよいのか?というの今日のポイントです。

また大きい乗り物と小さな乗り物・乗り物の種類によっては使う前置詞や単語が異なるところも注意です。

今日はまちがいやすい”get”の使い方を中心に学んでいきましょう!

電車の遅延・運休に関する表現はこちらの記事で↓
フライト・電車・バスの遅延・欠航・運休を英語で?

スポンサーリンク

Getはその状態を得る:→のように捉えましょう!

まずは電車に乗るでよく使う”get on”のgetについて考えてみましょう!

よくgetを→で表します。こうするとイメージを使いやすいです。getはその状態に向けて変化する様子を表しています。
そしてbe動詞を=で表します。be動詞はいまの状態を表すのでgetとは意味がちがいますね。

Point

■ SVCのgetとbe動詞

be動詞を"="、getを"⇒"を捉えよう!

  • I=sick 病気です。
  • I ⇒sick 病気になる。
  • I=married 結婚している
  • I ⇒married 結婚する。

こうするとそれぞれのニュアンスの違いがわかりやすいですね。

get on the trainのイメージは?

I → on a bus. ”on a bus”とはここでは形容詞句としての役割があり、バスの中にいる状態を指します。(前置詞+名詞は、形容詞と副詞の役割ができます。)

I'm getting on a busとは、人→→→バスに乗っている状態を得ている・・・つまり、バスに乗り込もうとしているという意味になります。

人がバスに乗っている状態をあらわしたいときは、上でご紹介したbe動詞を使えばいいですね。

  • I'm on a bus now. 私は今、バスに乗っています。(今、バスです。)
  • I'm on a ship now. 私は今、船に乗っています。(今、船です。)
  • I'm on a plane now. 私は今、飛行機に乗っています。(今、飛行機です。)

では下の①②の違いはなんでしょうか?

  1. When I got on the bus, I saw the strange person.
  2. When I was on the bus, I saw the strange person.

①は乗り込んだときに、変なひとを見かけた。
②はバスに乗っていたときに、変なひとを見かけた。
意味が少しことなりますね。

乗り物で異なる”~に乗る”の表現:バスに乗る・飛行機に乗る・船に乗るを英語で?

飛行機に乗るを英語で?get on a plane/have a flight/take a flightの違いは?

飛行機に乗る(乗り込む)は英語で"get on a plane"で大丈夫ですが、さきほど説明したように、これは飛行機に”乗り込む”動作を表していますね。

交通機関を利用する場合によく使うのが”take”です。バス・電車・飛行機・船などすべてで使える単語ですね。唯一の注意点は、飛行機以外はその乗り物自体(bus/ship/train)などを使いますが、飛行機の場合は"flight"を使う点ですね。

  • ここに来るのにバスに乗ったよ。(利用した。)
  • I took a bus to come here.
  • 北海道までは飛行機に乗らないといけないよ!
  • You need to take a flight to Hokkaido.
  • いや、いまは北海道新幹線に乗ればいいよ。
  • No. You can take a Hokkaido Shinkansen to Hokkaido.
  • 韓国までは船に乗ったよ。
  • I took a ship to Korea.

上記の場合は、すべて”交通機関を利用する”という意味の”乗る”=takeで、単純に乗り込む動作を表しているわけではないので、"get on"では意味が通らないですね。

例外:have a flight/go on board

have a flightも少し特別な表現で、”飛行機のフライトがある”という意味ですが、こんな風に使うことができます。

  • I have a flight at 8 AM tomorrow.
  • 明日の朝8時に飛行機に乗るよ!

また、乗り込む(get on)と同様の意味で”go on board”というのも飛行機や船ではよく使うので合わせて覚えておくといいですね。

こんな風に、日本語では”乗る”と表現できるものも、英語では”使い分け”が必要なことがあるので注意してつかうようにしましょう!

前置詞が異なる点にも注意しよう!

◎ I'm on a bus=バスに乗っている (今バスです。)
△ I'm on a taxi=タクシーに乗っている

Onのイメージは接しているイメージです。バスや電車・飛行機のように大きな乗り物だと、その空間の中にいるイメージよりも、その乗り物の底面と接しているイメージが大きくなるためONをつかいます。(文脈によっては、”in”が使われることももちろんありますが、onのほうが使用頻度が高いです。)

しかし、乗り物が小さいと、箱の中に入っているイメージが大きくなるため、前置詞はINを使うの普通です。

  • I'm in a car now.
  • いま車に乗っているよ。
  • I saw her getting in(to) the taxi.
  • 私は彼女がタクシーに乗り込むのを見た。
  • When he was in a taxi, he got a call from his sister.
  • 彼がタクシーに乗っているとき、姉から電話がかかってきた。

バスに乗っています・飛行機に乗る:口頭英作で理解度チェック☑

問題編

  • 今、バスに乗っているよ。
  • 電車で会社に通っています。
  • 彼は、そのタクシーに乗り込んでいました。
  • 今、車だよ。
  • ここまで来るなら、飛行機に乗らないといけないよ。

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪


では解答です↓

バスに乗っています・飛行機に乗る:解答編

  • I'm on a bus now.
  • I take train to my office.
  • He was getting into the taxi.
  • I'm in a car now.
  • You need to take a flight to come here.

 - ややこしや英単語