え?すいません≒Thank you?? 文化で異なる表現方法のおもしろさ

      2015/11/22

『すいません』がThank youってどういうこと?

英語は、お断りするときも"Thank you"つけるんだぁ!!なんて素敵な言葉なの♪と思った中学1年生のときのあたしです。

No, Thank you.相手を気にかけているようで、なんだかとても温かい気持ちになりました★英語を好きになったきっかけのひとつですね。

さて、日本語の場合どうでしょう?

No, thank you ≒ いいえ、結構です。すいません・・・。かなって思います。

『すいません』とは、相手に対して、申し訳ない気持ちを表しています。なので、プレゼントをもらったとき、何か好意的なことをしてもらったときも相手にそこまでしてもらって申し訳ない気持ちから『すいません』ということ多いですよね・・・。

 

スポンサーリンク

これがややこしやポイント!Thank you の使い方

日本語の文化のまま、英語にしては意味が伝わらないということ。

私も以前はよく、日本語のすみませんという場面で、直訳して"Sorry"を連発していました。そのたび、"Oh, don't be sorry"と言われていました。

そう、申し訳なく思うのではなく、そういう場面では感謝する"Thank you"なんですね☆

日本のことをよく知っている外国人ならsorryと言ってもいいと思うのですが・・・。

 

"Thank you" ってほかにもこんな使い方もします。

Can you do this for me? Thank you!

これをしてもらっていいですか? よろしく!(ありがとう)

 

いやな上司相手にこんなこと言われたら、先に、ありがとうと言ったもん勝ちなの?と思いそうですね。
これは、"Thank you in advance"の"in advace"を省略しているものと考えるとよいかもしれませんね☆

 

文化が違えば、感謝の伝え方も異なる。

飛行機が遅延したときも、英語では【お待ちいただきありがとうございます】
日本語では【お待たせして申し訳ござません。】英語で感謝・日本語では謝罪になります。

語学学習ってホントに奥深いですね☆そして、その違いが、ややこしやポイントをよく生み出してくれます。ややこしいから、おもしろいって感じれるようになるといいかもですね♪

 

『お疲れ様でした。』や『どうぞよろしくお願いします』という日本語の便利ワードも英語ではその場その場の状況に合わせて訳しわける必要があります。

何をよろしくお願いしたいのか、考える必要があるんですね。基本単語の使い方をしっかり理解することは英語の基本である”動詞の理解”につながりますよ。私も下記の本を使って学習しました。イラストも多くて、動詞の使い方が理解できて、とってもおすすめですよ♪

 

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - ややこしや英単語