【〇時間後】を英語で?

      2017/07/03

では、2時間後に(会いましょう)を英語でなんという?

こんなまちがいをしていませんか?

”See you 2 hours later.”

2時間後といえば、、、、あ!2 hours laterだ!

と思いがちですが、ここが「later」のややこしやポイントですね☆

ではどうして

See you laterはよくて、See you 2 hours later はだめ、、、というかそういう風に言わないのでしょうか。

スポンサーリンク

実は意味が違うlaterとin 時間表現の違いとは

実は、”○○時間後”を意味する英語には2つの意味があります。

過去のある時点からの2時間後

過去のある時点から〇時間後というときは・・・〇 hours laterを使います。

  • I left home at 7 and 2 hours later, I arrived here.
  • 家を7時に出て、(その)2時間後、ここにつきました。

過去のある時点とは、家を出た7時ですね。

そして(その)がポイント!! その過去のある時点を起点にして、その2時間後なんです。

🙂 覚えておきましょう!! 🙂

1.○○ hours later は過去の時制で使う。

2、日本語でいうと、その○○時間後となります。

現時点から〇時間後を英語で?

では、今の時点から〇時間後は、”in 〇 hours/ 〇 hours from now”で表現することができます。

  • See you in 2 hours.
  • 二時間後に会いましょう

英語の時制は、日本語よりも明確に時間をとらえているので、ややこしいですね、、、。

 - ややこしや英単語