発音のポイント:Fは唇を噛む?いいえ、噛みません!

      2015/11/22

Fの発音って、噛むようにと習いませんでした?

でも実際の会話の中で、唇噛めます?
悠長に唇噛んでるひまもないし、血だらけになりますね。

「唇はそえるだけ!」これこそFの発音です。

下唇の内側、歯に接している部分、
ここに上の歯の先をそえるだけでFの発音はできちゃうんです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アウトプットにおすすめ!コスパ◎!私も実感した効果大のオンライン英会話スクール:ネイティブキャンプ

みなさん、「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話スクールをご存じですか?

このスクールは、何と月額固定4,950円で1日何度でもレッスンを受けることができ、しかも7日間無料でお試しができてしまう太っ腹スクールです。

なんといってもコスパがすごすぎる!

普段から英語を話す機会を持つのは大事ですが、1時間ほどのレッスンではなかなか足りませんね。できるだけ長く英語をアウトプットする機会を持つことが大切です。

ただ、どのスクールもだいたい一日50分×1ヶ月のレッスンで3000円~7000円しますよね。そんな中、このネイティブキャンプは1月あたり5000円ほどで、毎日レッスンを何度でも受けれます。コスパ最強ですね。レッスンを受ければ受けるほど、レッスンあたり数10円くらいになるのではないでしょうか?

しかも、無料体験4回+7日間無料です。(お試しだけで終了したい場合は必ず決済日前までに退会をしましょう。)

土日のお休みに集中して3時間連続で英語を話すのもとても効果的だと思います。

公式サイトはこちら↓↓

 

文面でうまくわかるかな?

それから、英語の発音全般において、もっーと重要なこと息のだしかたです。

英語のアクセントを、音の高低で表すひとがいますが(関西だけですか?学校の先生はそうやって教えていました。牡蠣と柿、橋と端と箸のちがいとおなじように。)
実は息の出す強弱でアクセント表すんですよ。

口の形は完璧にできても、息のだし方が日本語だと通じにくくなることも!

逆に、いかにも日本語アクセントのビジネスマンの先輩が、息の出し方の強弱だけで、伝わる英語をはなされているのを見て感動した記憶があります。

息の出し方。

あっ、あとリズムもめっちゃ大事です。
そこに日本人がなぜリスニングが苦手なのか秘密が隠されているんです。

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - 苦手克服!リスニングのコツ