【猫舌】を英語で?キャットタンは通じない?

      2016/09/06

猫舌を英語で?Cat tongue??

生徒
この間、アメトークを見ていて、猫舌芸人を特集してたんだけど、猫舌って英語でなんていえばいいの?Cat tongue?
先生
んー、それだと猫の舌と言っているだけですね。熱いものが食べれない=猫舌なので、これをヒントに英語にしてみましょう!
生徒
あ、リプロダクションってやつだね!それならできそう!
先生
そうですね。ほかにも舌が熱さに敏感であるなども猫舌のことですね。これを英語にしてもいいですよ。
生徒
なるほど。いろいろあるんだね
今日のポイント

猫舌はリプロダクションでその意味を考える!

冒頭の会話文にもあったように、難しい日本語に因われずに英訳するというのが大事ですね。これをリプロダクションと言います。

猫舌とは=熱いものが食べられない=I can not eat and drink hot foodとなります。

こうすることで中学英語で猫舌を表現することができますね。

リプロダクションで英訳する癖をつけよう!

スポンサーリンク

猫舌を使って英作文

  • 私は猫舌です。
  • I can't eat and drink hot food./My tongue is sensitive to heat.
  • 冷めるまで待たないといけない
  • I have to wait till it cools down before eating it.
  • 熱すぎて、食べれないよ!
  • It's too hot to eat!

リプロダクションってなに?

リプロダクションとは、再び作るという意味で、文章を作り変えることを指します。

例えば、寒の戻りって英語でなんて言えばいいの?と思ったときまずは辞書で調べるのではなく、他の言葉で寒の戻りをどう表すかを考えます。

すると、寒さが戻ってくる・寒さが帰ってくるとか、春なのに寒いとかいろいろな言葉に言い換えることができますよね?その中で英語にしやすいものを英語にすればいいんです。

英語が上達していく人はこの発想力が高い生徒さんが多いと思います。自分の知っている単語でいかに表現するか、流暢さには欠かせないことなんですね。

これをすぐに辞書で調べてしまうと、実践力がついてきません。
新しい表現を覚えることも大事ですが、そのプロセスはいまの自分の単語力でなんとか表現してみてから、正しい表現を身につけていくことも大切です。

寒の戻りの場合は、winter strikes backだけが正しい解答ではありません。ニュースなどではwinter's backとかIt's back to winterとか様々な表現が使われています。どれも"寒の戻り"という名詞ではなく、文章で表しています。

日本語で名詞で存在する言葉が、英語では必ずしも存在するわけではありませんからね。
その辺りも英語を学ぶ楽しさでもありますね♪

 

スポンサーリンク

アウトプットにおすすめ!コスパ◎!私も実感した効果大のオンライン英会話スクール:ネイティブキャンプ

みなさん、「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話スクールをご存じですか?

このスクールは、何と月額固定4,950円で1日何度でもレッスンを受けることができ、しかも7日間無料でお試しができてしまう太っ腹スクールです。

なんといってもコスパがすごすぎる!

普段から英語を話す機会を持つのは大事ですが、1時間ほどのレッスンではなかなか足りませんね。できるだけ長く英語をアウトプットする機会を持つことが大切です。

ただ、どのスクールもだいたい一日50分×1ヶ月のレッスンで3000円~7000円しますよね。そんな中、このネイティブキャンプは1月あたり5000円ほどで、毎日レッスンを何度でも受けれます。コスパ最強ですね。レッスンを受ければ受けるほど、レッスンあたり数10円くらいになるのではないでしょうか?

しかも、無料体験4回+7日間無料です。(お試しだけで終了したい場合は必ず決済日前までに退会をしましょう。)

土日のお休みに集中して3時間連続で英語を話すのもとても効果的だと思います。

公式サイトはこちら↓↓

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)