『カビ・カビが生える・梅雨入り・身体がだるい』を英語で?梅雨に使う英語表現2

      2016/07/25

カビ・梅雨入り・カビが生える・身体がだるいを英語で?

083135

梅雨入りすると、身体がだるくなることはありませんか。クーラーの冷えや蒸し暑さによって体調もくずしやすいですね。そんな梅雨時につかうフレーズを今日も学習しましょう!

スポンサーリンク

梅雨入りするを英語で?

梅雨入りするとは、どういうことか考えれば簡単に表現することができます。

梅雨入り=梅雨が始まること。このようにリプロダクションすればよいですね。

  • 九州が梅雨入りしました。
  • Rainy season has started in Kyusyu.
  • 今年の梅雨入りは例年より早いね。
  • Rainy season has started earlier than usual.

名詞の形で、“梅雨入り”と表したいときは、”the beginning of rainy season”とすればよいですね。

身体がだるいを英語で?

身体がだるいでよく使う英単語が”sluggish”です。

この単語は”slug”=ナメクジに由来する単語で、ナメクジのように“動きののろい”や“なまけた”、経済の流れがゆるやか=“不景気”など、身体のだるさを表す以外にもさまざまな場面で使える表現です。英検1級レベルの単語なので、難易度の高い単語ですが、覚えておくと便利ですね。

  • 蒸し暑い日は、身体がだるい
  • I feel sluggish on muggy days.
  • 日本経済は、いま不景気だ
  • Japanese economy is now sluggish.

どうしても、”sluggish”が難しい場合には、”heavy”で身体のだるさを表しましょう!

  • 今日は身体がだるい。
  • I feel heavy today!

カビ・カビが生えるを英語で?

カビを英語で”mold”といいます。

このmoldの形容詞を”moldy”を使ってカビが生えるを表現することができます。形容詞の状態になるを表すことができる動詞”get”を使えばいいですね。

  • 梅雨時は、食品がカビやすい
  • Food gets moldy easily in rainy season.
  • 青カビ
  • blue mold

最後に今日勉強した表現を復習しましょう!

問題編

  • 東京は昨日梅雨入りしました。
  • 今年の梅雨入りは遅いようです。
  • ジメジメして、身体がだるい!
  • 梅雨時は、浴室がカビやすい!

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪


では解答です。

解答編

  • Rainy season started in Tokyo yesterday.
  • It seems that rainy season will start(come) late this year.
  • It’s sticky and I feel sluggish/heavy.
  • The bathroom easily gets moldy in rainy season.



184416

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)