寒の戻りを英語で?リプロダクションで簡単英会話

      2016/03/14

寒の戻りを英語で:winter strikes back?

生徒
It got cold again!! (また寒くなったね)。寒の戻りかな?It had been springlike last week. 先週は春っぽかったのに。ところで寒の戻りって英語でなんていうの?
先生
...You've just said it! (今言ってましたよ!)それにしても本当に急に寒くなりましたね。
生徒
え?寒の戻りって言ったの?僕が英語で?嘘!!!
先生
そうですね。はじめにまた寒くなったって!"It got cold again". これで寒の戻りを表すことができますよね。他の表現にはどういうものがあるのかも勉強してみましょう!
生徒
なるほど。確かに”また寒くなった=寒の戻り”でいいよね。
今日のポイント

寒の戻りは英語で?

冒頭の会話文にもあったように、難しい日本語に因われずに英訳するというのも大事ですね。これをリプロダクションと言います。寒の戻り=また寒くなるでもほぼ同じことですよね。

もちろん、他に表現もあるので、今日はそちらもご紹介。
寒の戻りとは、春なのに冬にもどってしまうことを指しているので、下記のような表現ができますよ♪

  • 寒の戻り=冬が反撃してくる
  • Winter strikes back. :strike back 反撃する・復讐する
  • 寒の戻り=冬に戻る
  • It's back to winter :be back to 〜に戻る
  • 寒の戻り=冬がまた来たみたい
  • It's like winter came again:it's like SV  SがVするみたい
  • 寒の戻り=冬が戻ってきた
  • Winter came back/Winter is back

とほかにもいろいろな表現ができるかと思います。

スポンサーリンク

リプロダクションで英訳する癖をつけよう!

寒の戻り・英語でググッてみると"winter strikes back"がでてきますが、これを敢えて覚える必要はありません。

ほかの単語の組み合わせのほうが簡単ですよね。簡単なものから覚えるようにすると良いと思います。

リプロダクションってなに?

リプロダクションとは、再び作るという意味で、文章を作り変えることを指します。

寒の戻りって英語でなんて言えばいいの?と思ったときまずは辞書で調べるのではなく、他の言葉で寒の戻りをどう表すかを考えます。

すると、寒さが戻ってくる・寒さが帰ってくるとか、春なのに寒いとかいろいろな言葉に言い換えることができますよね?その中で英語にしやすいものを英語にすればいいんです。

英語が上達していく人はこの発想力が高い生徒さんが多いと思います。自分の知っている単語でいかに表現するか、流暢さには欠かせないことなんですね。

これをすぐに辞書で調べてしまうと、実践力がついてきません。
新しい表現を覚えることも大事ですが、そのプロセスはいまの自分の単語力でなんとか表現してみてから、正しい表現を身につけていくことも大切です。

寒の戻りの場合は、winter strikes backだけが正しい解答ではありません。ニュースなどではwinter's backとかIt's back to winterとか様々な表現が使われています。どれも"寒の戻り"という名詞ではなく、文章で表しています。

日本語で名詞で存在する言葉が、英語では必ずしも存在するわけではありませんからね。
その辺りも英語を学ぶ楽しさでもありますね♪

 

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)