先着順を英語で?先着○名様にを英語で?

   

先着順で、先着○名様に!を英語で?

生徒
HIROKA先生!先着順って英語で”arriving before order”でいいの?
先生
んーそう言ってしまうと、”ご注文の前に到着する”という意味になってしまいますね。
生徒
え?そんな意味になっちゃうの?参ったなぁー。
先生
日本語の意味を直訳しても通じないことがあるんですよ。”早く来た人が、早く提供される”これを英語にしたものをまる覚えしてしまえばいいですよ!
生徒
あ、そうだった!

スポンサーリンク

今日のポイント

先着順・先着○名様・・・英語にするのが難しそうな表現ですね。ポイントは"first"の使い方ですね。はじめの○○という使い方をすればよいですよ。

今日のストックフレーズ
  • First come, first served. 先着順・早いもの価値
  • to the first 人数 people. 先着50名
  • 先着順で:on first come, first served basis

こういう日常会話で使うフレーズはそのまま丸っと覚えてしまうと便利ですね。firstは”はじめの、第1の”という意味ですが、その後に数字をいれることで、はじめの○○という意味にできます。
For the first 10 minutes = はじめの10分間

これと同じように、lastは”最後の”という意味で使いますが、その後に数字をいれることで終わりの○○という意味にできますよ!
The last 10 seconds was really important in the game.
そのゲームでは最後の10秒が本当に重要だった。

いくつか例文も作っておきましょう!

  • 先着30名様に割引をいたします。
  • We will discount to the first 50 customers.
  • プレゼントは先着順でもらえます。
  • You can get a present on first come, first served basis.

スポンサーリンク

アウトプットにおすすめ!コスパ◎!私も実感した効果大のオンライン英会話スクール:ネイティブキャンプ[PR]

みなさん、「ネイティブキャンプ」というオンライン英会話スクールをご存じですか?

このスクールは、何と月額固定4,950円で1日何度でもレッスンを受けることができ、しかも7日間無料でお試しができてしまう太っ腹スクールです。

なんといってもコスパがすごすぎる!

普段から英語を話す機会を持つのは大事ですが、1時間ほどのレッスンではなかなか足りませんね。できるだけ長く英語をアウトプットする機会を持つことが大切です。

ただ、どのスクールもだいたい一日50分×1ヶ月のレッスンで3000円~7000円しますよね。そんな中、このネイティブキャンプは1月あたり5000円ほどで、毎日レッスンを何度でも受けれます。コスパ最強ですね。レッスンを受ければ受けるほど、レッスンあたり数10円くらいになるのではないでしょうか?

しかも、無料体験4回+7日間無料です。(お試しだけで終了したい場合は必ず決済日前までに退会をしましょう。)

土日のお休みに集中して3時間連続で英語を話すのもとても効果的だと思います。

公式サイトはこちら↓↓

 - 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)