【注意する・叱る】を英語で?

      2017/07/04

注意するは英語でwarn? 叱られるは英語でbe scolded?

3acb0a19b52fbd20107c3f63fd611503_s
レッスンをしていて、生徒さんがよくしてしまいがちなまちがいに”scold”があります。叱る、、、とくに受け身形でbe scoldedとして、上司に叱られたと表現される方が多いですね。でも実は、その使い方はまちがいなんです

”scold ”は本来、大人が子供を叱るときに使う言葉です。いくら上司に叱られたとしてもscoldを使うのは少し不自然ですね。

また、注意するというのも意外に訳しづらい日本語だと思います。今日はこの2つの表現を確認しましょう!

スポンサーリンク

上司に叱られたは英語で??

今日のポイント

◆ 副詞のangrily

angryはお馴染みの単語:怒るですね。形容詞として下記のように使いますね。

  • He is angry.
  • 彼は怒っている。
  • Tommy  got angry at me.
  • トミーは私のことを怒った。

このangryの副詞形angrilyは英会話の中で使いこなせている生徒さんが意外に少ないように思います。

例えば、上司が注意や叱るとき、怒っている状態であることが多いですね。例えば「〜するように言う(命令する)」と組み合わせることで、注意する(怒って)や叱るを表すことができますよ。

  • My boss told me not to behave like that angrily.
  • 私の上司は、あのような態度を取らないように、注意した。(怒って言った)

他にも「指摘する」のpoint outなどを使って注意するや叱るを表すこともできます。

  • My boss pointed out angrily that there is a mistake in my document.
  • 上司は、私の書類にミスがあると叱った(怒って指摘した)

そのほかにも、”tell off(叱る/小言をいう)”や"yell at (怒鳴りつける)"なども使えますね。

副詞のangrilyと動作を組み合わせて、叱るや注意するを表現してみましょう!!

warnは少し強い?

warning!と書かれたしたに、警告文章が書かれていますね。warnは警告するという意味なので、”注意する”という意味でも使うことができます。

  • He warned me not to do that.
  • 彼をあれをしないように注意した。

ただ、warnの基本的な意味は"警告する"なので、やや強めの表現になります。

いい意味で”注意される”といいたいとき

さきほど、”怒りながら=angrily”をつけると”注意する”という意味になると説明しましたが、必ずしも注意するときは怒っているわけではありません。

注意するとは、”〜する/しないようにアドバイスする”とも捉えることができます。

  • He gave me an advice not to speak loud in public.
  • 彼は、公共の場で大きな声で話さないように注意してくれた。

これは、"point out"の表現に近いです。

このように注意するといっても、状況によって意味合いが変わってくるので注意しましょう!

スポンサーリンク

インプット学習(独学)×アウトプット学習こそが英会話上達の秘訣!

オンライン英会話を受講される方は、手軽な英会話をイメージされている方も多いですが、それだけでは中々、成長を感じられないのが語学です。

なぜなら、オンライン英会話レッスンはアウトプット学習(学んだことをアウトプットする場)だからです。

正直、私のオンライン英会話レッスンだけを受けていただいても、独学でのインプットをしていただかないことには、効果があまり出てきません・・・。

一方で自分でコツコツ、インプット学習をされる方って本当に伸び率がすごいんです。

 インプット学習がうまくいかない生徒さんの特長は・・・

  • □ やる気はある!だからテキストや参考書をたくさん買う
  • □ 少しテキストをやると、飽きてしまってほかの本に浮気したくなる
  • □ 効果が感じられず、不安になってこの本でいいんでしょうか?と質問する。
  • □ コツコツ続けることが大切と伝えても、内緒でほかの本を買う。

この繰り返しです。不安になってやめてしまうんですよね。気持ちはとてもよくわかります。私も昔はそうでしたから・・・。

どの本を使っても大切なのは1冊きちんと終えること。終わったら、それを何度も繰り返すこと!なんです。でもそれって思っているより難しい。これでいいのかな?という不安や飽きがきてしまいますからね・・・。

そんなインプット学習がうまくいかない生徒さんに、私がおすすめしている『スタディサプリENGLISH』です。

スタディサプリENGLISHって何?

独学の英語学習をとことんサポートしてくれるプログラムで、スキマ時間を有効に活用して英語学習ができます。パソコンでもスマホのアプリでも勉強できるのでとっても便利ですよ。

 

ドラマ仕立てのストーリーを通してリスニング練習〜フレーズ学習、ディクテーション(書き取り)練習などなど・・・月額980円でここまでできるの?という盛りだくさん感!

さらに音声のスピードもネイティブスピードから通常よりも遅いスピードにできたり、解説もとても丁寧にされています↓↓

 

飽きない工夫はアプリならでは。紙のテキストではここまでできません。

豊富なレッスン量で学習記録で努力の見える化ができる点も続けられるポイントです!!続けられる=ペラペラへの道です。

【独学による単語やフレーズ、文法学習などのインプット】×【オンライン英会話によるアウトプット】こそが相乗効果を生み出し、英語力の向上へとつながります!

スタディサプリの場合は、インプット学習に加えて、発音の確認やシミュレーションなどもできるので、セルフアウトプットもできます。だから、たくさんのフレーズや単語が頭に入る!!

スタディサプリでの学習×オンライン英会話をしている生徒さんはグングン伸びる!

だから、私の生徒さんの8割の方は使っています。生徒さんが使っているので、もちろん私も使っています(^^♪共通のプログラムを使うと会話が広がり、学習効率があがりますからね。

インプット学習不足を感じているなら、ぜひ一度『スタディサプリ』をご利用されてみてくださいね。7日間は無料で使えますよ♪

公式サイトはこちら↓

オンライン英会話講師・フリー翻訳者
資格:TOEIC990点・英検1級
英語学習を頑張っている生徒さんの少しでもお役に立てればと、英語学習法や英語表現をまとめています。(自分の勉強にも役立っています♪)
このブログが英語学習に少しでも役だったと思ったら、ページ下部のシェアボタンのいずれかをポチっとしていただけると嬉しいです。

 - ビジネス英語フレーズ, 日常英会話フレーズ(瞬間英作文)