腫れるを英語で?健康記事で英語を学ぼう!

      2016/03/12

腫れるを英語で?

前回、浮腫む(むくむ)を美容記事で勉強しましたね。

覚えていますか?
脚がむくんだ=my legs got swollen.
Swell(動詞・名詞)をつかって表現することができましたね。ほかにはpuffyを使って、"My eyes are so puffy""puffy eyes(浮腫んだ目・はれぼったい目)”

今日は”腫れる”を英語でなんというか?なんですが、実は浮腫むと同じ単語の”Swell"を使います。通常の状態より膨らんでいる状態に使う言葉のため、”むくみ”と”腫れ”両方に使うことができます。そのため、文脈で意味を読み取らなければいけませんね。

脚がむくんだ=my legs got swollen =脚が腫れた
両方の意味にとれます。

スポンサーリンク

今日のポイント:トラウマは心の傷だけじゃない!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_s今日は”唇の腫れ=Swelling of the lips"についての記事です。

accompany:”同行する”という意味でまず覚える単語ですが、この動詞は人だけではなく、”物事が同行する”=つまり、一緒に起こる、伴うという意味でも使います。
trauma:トラウマ 心の傷(mental)を指す言葉として日本語では使いますが、外傷(physical)にも使います。

Swelling of the lips can arise due to different conditions. Trauma to the lip and mouth area is an obvious cause of swollen lips. Allergic reactions, either to foods or other substances, can often be accompanied by swelling of the lips.

引用元:quated from MedicineNet.com (http://www.medicinenet.com/swollen_lip/symptoms.htm)

先週の土曜日の夜から急に唇が腫れあがった私です(My lips got swollen suddenly)・・・。とても焦りました(I was in a panic) 。2・3日は鏡を見るのも憂鬱です。(Just watching my face in a mirror was so depressing for a couple of days)。 どうやら塗り薬に過敏に反応していたようです(I found out that my lips reacted to the medicine)。

みなさんも薬の塗りすぎには注意されてくださいね・・・。ちなみに今日やっと唇が治ってきました(getting better) 。疲れと風邪で”熱の華”(cold sore/fever blister)になり、さらに唇が腫れる(got swollen)・・・なんだかツイテない(an unlucky week)1週間です・・・ 😥

スポンサーリンク

海外ドラマを聞き取れるようになるには?私がやった絶大効果のあったリエゾン学習![PR]

34b70042943f03516f199e7515a94cfd_s

リエゾンやリンキングという言葉を聞いたことがありますか?

テキストやTOEICのリスニングがそこそこできるのに、海外ドラマを聞き取れない。そんな悩みをお持ちの方にぜひ学習していただきたいのが、このリエゾンとリンキングです。

リンキングとは、単語と単語がリンクすること。例えば、”I like it”が"alaikit(アラィキット)" のようにリンクして聞こえます。これがリンキングです。

リエゾンとは、リンキングしたことにより、音声自体が変化すること。例えば、”put it”が”Pudit(プディッ)”のように聞こえます。これがリエゾンです。

海外ドラマではこの”リンキング・リエゾンの嵐”です。そのため、これらの学習をしておかないと聞き取れるようにはなかなかなりません。(海外生活がなしで聞き取れるようになりたい場合)

4-5語の単語がまるで1語のように一瞬で発音されることもよくあります。

リエゾンのルール(例えば、母音にサンドイッチされるTはDの音に変化する、ntが重なると、nnの音になるなど)を学習し、それらを自分でも発音できるようにすることで、音声認識力をアップさせていくことが重要です。

日本語にないからこそ、集中して学習する必要があります。

そんなリンキング学習・リエゾン学習におすすめなのが、こちら↓

『プライムイングリッシュ』という英会話テキストです!

そもそもリエゾンやリンキングを学習できるテキスト自体あまりありません。私の生徒さんも、リエゾンやリンキングを勉強したことがない方がほとんど・・・。それなのに海外ドラマを聞き取れることを夢見ている方がとっても多いです。

さきほどもお伝えしたように海外ドラマやネイティブの英会話は『リエゾンやリンキング』の嵐!大切なのは、リエゾンやリンキングのルールや音声変化を身につけ、それを真似て何度も発音すること。

この教材は、音声変化のルールを丁寧に解説しているから、とにかくわかりやすい。CDもリエゾンやリンキングを通してリスニング力をアップさせることが中心になって考えられているからとても効果的です。

リエゾンで音声変化の起きている音声がスローモーションで吹き込まれているから、とにかくわかりやすいです。

リエゾンのテキストはそのスピードから上級者向けのものがほとんどでさらに解説も乏しいものが多いなか、プライムイングリッシュは、音声がスローモーションで吹き込まれているからこそ、初級・中級者でもわかりやすく、さらにわかりやすい解説つきで、独学ができるようになっています。

リスニングの内容も日常会話のストーリー仕立てなので、英会話で即使える表現ばかり。リスニングの勉強をしながら、英会話のフレーズストック(インプット学習)にも最適な教材なので、本当におすすめです。

私の生徒さんでこちらのテキストで学習された方は、海外ドラマで聞き取れる場面が増えてきたととても喜んでおられました。

”ワダユガナドゥ”="what are you going to do?"になぜなるのか?

その音声変化のルールと詳しくスローモーションで音声を聞かれてみたい方には本当におすすめです。詳しくは『プライムイングリッシュ』の公式サイトを確認されてみてくださいね♪

 - Fashion♡Beauty♡Health